2010年代のビョーク

10年代のアルバムは、「Biophilia」(バイオフィリア)、「Vulnicura」(ヴァルニキュラ)、「Utopia」(ユートピア)の3枚です。ファッションもより先鋭的になり、アルカとのタッグで音楽的にも面白くなってきます。

2011年

ビョークのアルバム「Biophilia」(バイオフィリア)
(バイオフィリア)
第7作目は、自然科学やテクノロジーに傾倒した理系アルバムです。各曲にテーマと個性があり、タッチパネルで操作可能な教育用アプリになって配信もされました。特殊な楽器を使ったりして、なかなか実験的です。ジャケット写真は、赤毛の巨大なヅラがインパクト大で、ハゲの人達に喧嘩を売るレベルの毛量です。腹はハープみたいになってます。こういう奇抜なファッションでもしっかりアートになる所が素晴らしいです。左上の、音符と目玉を組み合わせた記号は、シンボルマークです。タイトルは、ギリシャ語を組み合わせた造語で、bio(生)+philia(〜好き)=「自然への愛」という感じです。
ビョークの「Mutual Core」のPV
Mutual Core (ミューチュアル・コア)
このアルバムで一番オススメの曲は、「Mutual Core」です。実験的なアルバムは、推しの曲を決めるのがやや難しいですが、この曲は展開が面白いです。穏やかな曲と見せかけて、サビでいきなりテンションが変化します。タイトルの意味は「共通の核」です。PVは、地層、プレート衝突、火山のような地質学的要素を、かなり個性的なイメージで描いてます。その他では、「Sacrifice」も急な変化が起こる曲です。
Crystalline (クリスタライン)
冒頭3曲は調子が似ていて、このアルバムの性格をよく表しています。3曲目の「Crystalline」は、終盤の歌詞のsparkle(きらめき)で、音楽もはじける所が良いです。タイトルの意味は「結晶性」で、PVでもクリスタルが成長します。ちなみに、ジャケット写真の映像は、1曲目の「Moon」のPVで観る事ができます。その他のPVでは、妙にリアルなDNA映像が見られる「Hollow」もユニークです。
Cosmogony (コズモゴニー)
4曲目のバラード調の「Cosmogony」で、アルバムの流れが変化し、抽象度が増した中盤へ入っていきます。タイトルは「宇宙の発生」という意味で、曲も歌詞も壮大な感じが良いです。
ビョークの「Hollow」のPV
1MoonSPV
2Thunderbolt--
3CrystallineSPV
4CosmogonyS-
5Dark Matter--
6Hollow-PV
7VirusS-
8Sacrifice--
9Mutual Core-PV
10Solstice--

2015年

ビョークのアルバム「Vulnicura」(ヴァルニキュラ)
(ヴァルニキュラ)
第8作目は、一言で表現すると離婚の傷心アルバムです。ビョークの夫は、マシュー・バーニー(Matthew Barney)というアメリカ人芸術家だったのですが、彼との離婚前&離婚後に作った曲を、時系列で並べています。重い曲が多いです。タイトルは、ラテン語からの造語で、vulni(傷)+cura(癒し)です。ジャケット写真の、胸にざっくり開いた傷と、後光のような毛羽立ちが、タイトルを象徴しています。音楽的には、ベネズエラ人のアルカ(Arca)との共同プロデュースが重要ポイントです。彼は、ビョーク以上にアバンギャルドでアングラな曲を作るアーティストで、ビョークのスタイルに新風を吹き込んでます。
ビョークの「Black Lake」のPV
Notget (ノットゲット)
このアルバムで一番オススメの曲は、「Notget」です。三味線のようなイントロで始まり、ビョークの要素とアルカの要素が、独特な調子で絡んでいきます。歌詞は、Death(死)を中心に、Pain(痛み)・Wound(傷)・Injury(傷)が並び、それに対置して、Love(愛)を中心に、Heal(癒す)・Cure(治療)・Remedy(治療)が並びます。まさにヴァルニキュラです。PVもダークな世界観で、色無しの前半も、色有りの後半も、シュールで強烈です。もう一つ、VR映像のPVもあり、光と闇のファンタジーな感じです。ちなみに、ジャケット写真の映像は、「Lionsong」のPVで観る事ができます。
Stonemilker (ストーンミルカー)
「Notget」は離婚後なので暗いですが、「Stonemilker」は離婚前なので明るいです。非常に美しい曲で、強いクセも無く、とても聴きやすいのでオススメです。PVは、360度VR用(見るための環境が必要)に作られていて、見る方向を変えられる画期的なものです。この頃のビョークは最新技術のVRにはまっていて、VR展もやっています。
Black Lake (ブラック・レイク)
「Black Lake」は、10分の大作です。シンプルな曲ですが、展開の変化で飽きずに聴けます。PVは、超横長のワイド画面で、深い悲しみが表現されています。ちなみに、PV関連で言うと、アルカの仲間で不気味なビジュアルを得意とするジェシー・カンダ(Jesse Kanda)にも注目です。彼が監督した「Mouth Mantra」のPVは、ビョークの口内を大変気色悪く映像化してくれてます。
ビョークの「Notget」のPV
1Stonemilker-PVPV(VR)
2Lionsong-PV
3History of Touches--
4Black Lake-PV
5Family-PV
6Notget-PVPV(VR)
7Atom Dance--
8Mouth Mantra-PV
9Quicksand--

2017年

ビョークのアルバム「Utopia」(ユートピア)
(ユートピア)
前作が陰なアルバムだったので、第9作目となる今作は、陽なアルバムになりました。「理想郷」というタイトル通り、フルートやハープ、鳥の鳴き声や環境音を取り入れ、ファンタジックで優しい雰囲気になっています。アルカも、前作に引き続いて共同プロデュースをしています。中盤の「Courtship」〜「Sue Me」で急激にアルカ度が高まって山場を作る構成が面白いです。ジャケット写真は、ビョーク史上最凶のインパクトを放っており、これのせいで売上が数十万枚落ちるんじゃないと心配になります。「Debut」の時の清純な印象は一体どこへやら…(思えば遠くへ来たもんだ)。なんだかんだで今作のメイン楽器であるフルートを持ってるのが偉いです。ジェシー・カンダが、この奇抜すぎるジャケットをデザインしたそうです。
ビョークの「Tabula Rasa」のPV
Losss (ロス)
このアルバムで一番オススメの曲は、「Losss」です。中盤の中心となる曲で、フルートとハープの幻想的な音色と共に、複雑にパターンが変化していく異様なノイズ・サウンドがかぶさってきます。美と醜が入り交じる凄まじい曲です。アウトロのオルガンの美しさも最高です。「喪失」をテーマにした内容で、なぜかlossにsが一個多く付いています。PVも、シュールでインパクト大な映像になっていて、向かい合うビョークの顔面が反応しあって変化します。(PVは、サビやアウトロなどが少しアレンジされています)
Blissing Me (ブリッシング・ミー)
アルバム前半は、神秘的な曲のつるべ打ちで、2曲目の「Blissing Me」は、ハープのシンプルなメロディが良いです。PVは、顔の造形が若干怖いですが、不思議な可愛らしさがあります。今作は色んなPVが作られていますが、どれも美しさとシュールさを両立しています。ビョークの理想郷は、一般人の感覚からすると、やはり斜め上を行っていると言っていいでしょう。ちなみに、「Arisen My Senses」のPVには、アルカも出演しています。また、「The Gate」のPVの監督は、中国系アメリカ人のアンドリュー・トーマス・ホワン(Andrew Thomas Huang)で、2010年代のビョークのPVを多く手がけています。
Saint (セイント)
アルバム後半は、穏やかな余韻モードになっていて、「Saint」はその内の1つです。聖者のような女性をイメージした内容で、ビョークの声を複雑に重ねた構成になっていて、優雅さを漂わせています。
ビョークの「Losss」のPV
1Arisen My SensesSPV
2Blissing MeSPV
3The GateSPV
4Utopia-PV
5Body Memory-PV
6Features CreaturesS-
7Courtship--
8Losss-PV
9Sue Me--
10Tabula Rasa-PV
11Claimstaker--
12Paradisia--
13Saint--
14Future Forever--
ビョークのススメ > 2010年代のビョーク