1990年代のビョーク

90年代のアルバムは、「Debut」(デビュー)、「Post」(ポスト)、「Homogenic」(ホモジェニック)の3枚です。比較的ポップな路線でスタートしましたが、3作目でよりアーティスティックな方向になりました。

1993年

ビョークのアルバム「Debut」(デビュー)
(デビュー)
直球のタイトルが示すとおり、ビョークはこのアルバムでソロデビューしました。全世界で大ヒットし、評価も高く、ビョークの個性的なボーカルと音楽を世に知らしめた作品です。ジャケット写真はシンプルで清楚な感じなので、親しみやすい印象です。アルバムの内容は、全体的にライトでポップなので、聴きやすい感じだと思います。違う言い方をすると、強烈な曲が無いので、その辺を求める人には少し物足りないかもしれません。第1作目なので、これぐらいの方が導入として効果的でしょう。厳密に言うと、ビョークが子供の時に自分の名前をタイトルにしてアルバムを出しているのですが、一般的にはカウントせず、「Debut」をファーストとして扱います。
ビョークの「Human Behaviour」のPV
Play Dead (プレイ・デッド)
このアルバムで一番オススメの曲は、「Play Dead」です。初版には含まれておらず、次版で追加された曲なので、このアルバムを買う時は、必ず「Play Dead」が含まれているものを買いましょう。映画「プレイデッド」(原題:The Young Americans)のサントラとして作られた曲だそうで、他の曲と比べると少し毛色が違います。力強い感じが良いです。ちなみに、日本版では更に「Atlantic」という曲が追加されています。これに限らず、他のアルバムでも日本版はボーナス・トラックが付く事が多いです。
Venus as a Boy (ビーナス・アズ・ア・ボーイ)
「Play Dead」と反対に、「Venus as a Boy」は心地良い軽快さです。このアルバムにピッタリな曲なので、これもオススメします。PVは、お料理番組みたいで、楽しそうな感じです。ちなみに、この曲は、リュック・ベッソン監督(Luc Besson)の映画「レオン」(原題:Leon)の中で使用されました。
Human Behaviour (ヒューマン・ビヘイビアー)
「Human Behaviour」は、ビョークの記念すべきファースト・シングルです。独特でユニークな曲調になっています。PVは、動く絵本みたいでユーモラスな感じです。やたらアグレッシブに動く蛾が個人的にツボ。
ビョークの「Venus as a Boy」のPV
1Human BehaviourSPV
2Crying--
3Venus as a BoySPV
4There's More to Life Than This--
5Like Someone in Love--
6Big Time SensualitySPV
7One Day--
8Aeroplane--
9Come to Me--
10Violently HappySPV
11The Anchor Song--
12Play DeadSPV

1995年

ビョークのアルバム「Post」(ポスト)
(ポスト)
鮮烈なデビューとなった「Debut」に続く、第2作目のアルバムです。タイトルのポストの意味は2つあるそうで、1つは、ソロ活動のためにアイスランドからイギリスに移り、その後に作ったという事で「〜後」を表すpost-です。もう1つは、アイスランドにいる家族や友達に手紙を出す意味を込めて、「郵便ポスト」だそうです。今作は、色々なジャンルに手を出していて、多彩でバラエティ豊かな印象になっています。ジャケット写真も、モノクロだった前作と比べて、様々な色があってカラフルです。着ているジャケットは、アルバム名にふさわしく、エアメールの封筒と同じ柄です。前作に続き、一般受けしやすい内容だと思います。
ビョークの「Possibly Maybe」のPV
Hyperballad (ハイパーバラッド)
このアルバムで一番オススメの曲は、「Hyperballad」です。疾走感があり、後半にテンポアップしていく所も良いです。90年代のビョークのPVは、ミシェル・ゴンドリー監督(Michel Gondry)が多く手がけていますが、この曲も、デジタル映像を重ねたユニークな作りです。
Army of Me (アーミー・オブ・ミー)
アルバムの先陣を切る「Army of Me」は、クールな曲調がカッコいいです。PVは、シュールな内容で、前半では歯のトラックやゴリラの歯医者が出てきます。なぜかビョークの衣装が空手着っぽいです。後半の美術館爆破のくだりも意味不明。
It's Oh So Quiet (イッツ・オウ・ソー・クワイエット)
「It's Oh So Quiet」のPVは、スパイク・ジョーンズ監督(Spike Jonze)が製作しています。陽気でファニーなミュージカルです。ヒットした人気曲ですが、過去のジャズ曲のカバーでオリジナルではないため、ベスト盤「Greatest Hits」には収録されませんでした。
ビョークの「Hyperballad」のPV
1Army of MeSPV
2HyperballadSPV
3The Modern Things--
4It's Oh So QuietSPV
5Enjoy--
6You've Been Flirting Again--
7IsobelSPV
8Possibly MaybeSPV
9I Miss YouSPV
10Cover Me--
11Headphones--

1997年

ビョークのアルバム「Homogenic」(ホモジェニック)
(ホモジェニック)
第3作目は、前2作とは一味違う趣向になり、電子音と弦楽器を組み合わせた個性的なアルバムになっています。とても評価が高く、90年代のビョークのアルバムではベストと言っても過言ではありません。タイトルは、「同型の遺伝子」という意味で、今作はビョークの故郷・源流であるアイスランドがイメージにあるそうです。ジャケット画像は、首が長い中国皇太后という感じのビジュアルで、目が怖いです。3作目にして、こういうブッ飛んだイメージにできるのは、さすがビョークとしか言いようがありません。
ビョークの「Unravel」のPV
Jóga (ヨーガ)
このアルバムで一番オススメの曲は、「Jóga」です。壮大な感じが出ていて、ビョークの声の伸びと弦楽器の融合が美しいです。PVも、アイスランドの雄大な自然を描写しています。ちなみに、ヨーガとは、ビョークの親友の女性の名前だそうです。
All Is Full of Love (オール・イズ・フル・オブ・ラブ)
「All Is Full of Love」のPVは、クリス・カニンガム監督(Chris Cunningham)によるロボットの愛を描いた内容で、ビョークのPV史上、最も有名な作品です。不気味さと美しさを兼ね備えていて、素晴らしいです。注意点としては、アルバムに収録されているのはアレンジ版なので、PVと同じオリジナル版を聴きたい場合は、シングルか、ベスト盤「Greatest Hits」にしましょう。ちなみに、クリス監督作品では、マドンナ(Madonna)の「Frozen」のPVもオススメです。
Unravel (アンラベル)
「Unravel」は、ゆったりとして静謐さがある曲です。ビョークは一人二役みたいに歌う構成を好んで用いますが、この曲でもそれが活かされています。うずくまったビョークの背中から糸が溢れるPVも印象的です。PV関連で言うと、つるっ禿のビョークがシロクマに変身する「Hunter」も面白いです。
ビョークの「All Is Full of Love」のPV
1HunterSPV
2JógaSPV
3Unravel-PV
4BacheloretteSPV
5All Neon Like--
65 Years--
7Immature--
8Alarm CallSPV
9Pluto-PV
10All Is Full of LoveSPV
ビョークのススメ > 1990年代のビョーク