2000年代のガガ

00年代のアルバムは、「The Fame」(ザ・フェイム)、「The Fame Monster」(ザ・フェイム・モンスター)です。デビュー・アルバムで大ヒットを飛ばし、追加曲で更にパワーアップして傑作を産み出しました。

2008年

レディー・ガガのアルバム「The Fame」(ザ・フェイム)
(ザ・フェイム)
レディー・ガガのデビュー・アルバムです。タイトルの「名声」どおり、大ヒットして名声を得ました。ダンス・ミュージックを中心にした内容で、ノリが良いです。この頃のガガは、ストレートの白い髪がトレードマークになっています。PVでは、個性的でセクシーなファッションも色々と披露し、ガガのイメージやスタイルが一般に定着しました。ちなみに、日本盤は曲順が少し変更されていて、ボーナス・トラックも入ってます。これに限らず、他の日本盤もボーナス・トラックが付く事が多いです。
レディー・ガガの「Paparazzi」のPV
Poker Face (ポーカー・フェイス)
このアルバムの代表曲は、「Poker Face」です。ラップとサビの交互進行で、キャッチーな曲です。PVも力が入っていて、ガガのファッションやダンスを堪能できます。ちなみに、サビのバックコーラス部分が、空耳で「死ぬかと思われ」と聞こえるというネタがあり、確かにそう聞こえるので笑えます。
Just Dance (ジャスト・ダンス)
「Just Dance」は、ガガのデビュー・シングルです。コルビー・オドニス(Colby O'Donis)とのコラボ曲になっています。ミドルテンポで聴きやすく、カッコいいのでオススメです。
Paparazzi (パパラッチ)
「Paparazzi」は、PVがとても凝っているのでオススメです。恋人に突き落とされた後の重傷ダンスや、報復で恋人を毒殺するストーリーなど、物議を醸しそうな内容です。後半パートの、ミッキーマウスみたいなサングラスを取った後の顔が、地味に怖いのが面白いです。
レディー・ガガの「Poker Face」のPV
1Just DanceSPV
2LoveGameSPV
3PaparazziSPV
4Poker FaceSPV
5Eh, Eh (Nothing Else I Can Say)SPV
6Beautiful, Dirty, Rich-PV
7The Fame--
8Money Honey--
9Starstruck--
10Boys Boys Boys--
11Paper Gangsta--
12Brown Eyes--
13I Like It Rough--
14Summerboy--

2009年

レディー・ガガのアルバム「The Fame Monster」(ザ・フェイム・モンスター)
(ザ・フェイム・モンスター)
追加の8曲入りのアルバムを足した2枚組として、「The Fame」が再発売されました。追加アルバムを「The Monster」と呼ぶとしたら、「The Fame」+「The Monster」とイメージすると分かりやすいでしょう。他ではあまり見ないパターンの売り方です。ガガ的には、陰と陽のイメージだそうです。抱き合わせ商法とも言えますが、ベスト・アルバム的な感じもあり、お買い得な気がします。内容的にも素晴らしく、ガガの最高傑作と呼んで差し支えないでしょう。アートな感じのジャケット写真も良いです。
レディー・ガガの「Telephone」のPV
Bad Romance (バッド・ロマンス)
このアルバムの代表曲は、「Bad Romance」です。とても情熱的な感じの曲で、ダンスもカッコいいです。ガガの最高傑作の1つと言えます。PVは、SFな世界観で、未来の人身売買といった感じです。CGで目を大きくしてみたり、映画「マトリックス」みたいなバレットタイム撮影があったりして、随所に工夫が感じられます。
Telephone (テレフォン)
「Telephone」も、ガガの最高傑作の1つです。ビヨンセ(Beyoncé)とのコラボ曲で、ダークチャイルド(Darkchild)がプロデュースしています。歌詞は「もう電話に出んわ」みたいな内容ですが、構成が工夫されていて、とてもダンサブルです。PVは、ストーリー形式で、「Paparazzi」の続編になっています。牢屋内の女囚の喧嘩シーンの時に、ガガの右隣にいる女性は、ガガの妹です。クエンティン・タランティーノ監督(Quentin Tarantino)の映画「キル・ビル」のプッシー・ワゴンが出てきたり、リドリー・スコット監督(Ridley Scott)の映画「テルマ&ルイーズ」みたいな逃走劇になったりと、大変ユニークな内容です。ガガも面白衣装を連発しているので、「ギャラリー」のページで特集してみました。ぜひご覧下さい。ちなみに、ビヨンセは「Video Phone」(リミックス版)という曲でもガガとコラボしています。
Alejandro (アレハンドロ)
「Alejandro」は、PVが美しいのでオススメです。ダークで冷たい色合いになっています。軍人達と女王ガガ様という感じの内容で、SM的なポルノ風味があります。
レディー・ガガの「Bad Romance」のPV
1Bad RomanceSPV
2AlejandroSPV
3Monster--
4Speechless--
5Dance in the Dark--
6TelephoneSPV
7So Happy I Could Die--
8Teeth--
レディー・ガガのパワー > 2000年代のガガ