2020年代のガガ

20年代のアルバムは、「Chromatica」(クロマティカ)です。女戦士のガガが踊る最新アルバムです。「Stupid Love」や、アリアナ・グランデとコラボした「Rain on Me」がシングルカットされています。

2020年

レディー・ガガのアルバム「Chromatica」(クロマティカ)
(クロマティカ)
クロマティカは、ガガが思い描く架空の世界の名前です。前作は落ち着いたスタイルでしたが、今作はいつもの奇抜なファッションが復活しました。ジャケット写真は、シンボルマークの中に、鎧で武装したガガがいます。ピンク色と戦士が、このアルバムのキービジュアルです。全編をノリの良いダンスポップで貫いた内容になっています。ガガはこれまで色々なアーティストとコラボしてきましたが、今作ではアリアナ・グランデ(Ariana Grande)、ブラックピンク(Blackpink)、エルトン・ジョン(Elton John)が参加しています。
レディー・ガガの「Stupid Love」のPV
Stupid Love (スチューピッド・ラブ)
このアルバムの代表曲は、「Stupid Love」です。PVは、 全てiPhone11Proで撮影されたそうです。どぎついピンク色のガガを筆頭に、黒色、黄色、緑色、青色など、パンチが効いた色使いになっています。ちなみに、クロマティカは、Chromatic(色彩の、半音階の)という形容詞が語源で、全ての色=全ての人々なイメージだそうです。
Rain on Me (レイン・オン・ミー)
「Rain on Me」は、アリアナ・グランデとのコラボ曲で、大ヒットになりました。軽快ながら力強さもあるダンス・ミュージックです。PVは、ロバート・ロドリゲス監督(以前に彼の映画にも出演)によるもので、タイトルどおり、常に雨が降っています。雨の中で踊るガガとアリアナが、まるで姉妹みたいです。
Sine from Above (サイン・フロム・アバブ)
エルトン・ジョンとのコラボ曲は「Sine from Above」です。エルトン・ジョンならバラード調になるかと思いきや、これもしっかりダンス曲なのが驚きです。Sineとは数学でも出てくるサイン・コサイン・タンジェントの正弦の事で、クロマティカのシンボルマークは、正弦波(音の波で言うと純音)を表しています。
レディー・ガガの「Rain on Me」のPV
1Chromatica I--
2Alice--
3Stupid LoveSPV
4Rain on MeSPV
5Free Woman--
6Fun Tonight--
7Chromatica II--
8911SPV
9Plastic Doll--
10Sour Candy--
11Enigma--
12Replay--
13Chromatica III--
14Sine from Above--
151000 Doves--
16Babylon--
レディー・ガガのパワー > 2020年代のガガ