trfの第1期

「GOING 2 DANCE」から「寒い夜だから…」までの初期の活動。クラブ向けテクノを重視してデビューしたtrfが、曲調を変えて一般にも受け入れられていきます。時間にしてたったの1年ですが、かなり濃い内容です。

シングル

GOING 2 DANCE

GOING 2 DANCE

(ゴーイング・トゥ・ダンス)

1993年2月発売。記念すべきtrfのデビュー作です。アルバムも同時発売されています。注意点としては、シングル版とリミックス版の2つのバージョンがある事です。前者が日本語の歌詞で、後者は英語の歌詞になっており、テクノ感も後者の方がかなり強いです。trfのライブでも、演奏されるとしたらリミックス版の方なので、この曲は、リミックス版を強く推奨します。trfが目指したクラブ向けのテクノのレイブにぴったりです。リミックス版は、リミックス・アルバムの「HYPER TECHNO MIX」か、ベスト・アルバムの「WORKS」に収録されています。PVは、残念ながらありません。カップリング曲の「OPEN YOUR MIND」のPVは、なぜか出ています。内容は、抽象的なイメージでダンスもかなりかっこいいですが、どうやら海外向けらしく、このバージョンの「OPEN YOUR MIND」は日本のCDでは手に入りません。海外で発売されたものの中に収録されいるらしいです。
EZ DO DANCE

EZ DO DANCE

(イージー・ドゥ・ダンス)

1993年6月発売。trfの代表曲にして最高傑作の1つです。しっかりしたテクノでありながら、一般にも受けるノリの良さがあり、2作目にして早速ヒットとなりました。KOOのラップが2回あるのも、意外と珍しいです。ちなみに、このジャケット写真を見ると「なんか人数多くない?誰?」となりますが、trfはもともと、YU-KIとKOOと、MEGAMIX(メガミックス)というダンスグループの融合でした。MEGAMIXは、男5人+女3人の計8人で、これらのメンバーが写真に映っています。この状態で活動したのは初期の2曲だけで、後はSAMとCHIHARUとETSUの3人が残って、trfは計5人のグループになりました。PVは、セクシーな衣装のYU-KIをメインにして、白を基調とした爽やかさがあります。ダンサー陣は、影絵でキレのあるダンスを披露しています。映像でも分かる通り、踊っているのはMEGAMIXの8人です。
Silver and Gold dance

Silver and Gold dance

(シルバー・アンド・ゴールド・ダンス)

1993年11月発売。「愛がもう少し欲しいよ」と合わせて、シングル2枚を同時に出すという企画です。少しゆっくりめのテクノという感じで、「アラビアンナイト」にインスパイアされた大人な雰囲気の歌詞です。注意点としては、この曲もシングル版とリミックス版の2種類があり、前者が日本語歌詞で、後者は英語歌詞です。後者はテンポも早く、テクノ感も強いので、リミックス版の方を強く推奨します。リミックス版は、リミックス・アルバムの「HYPER MIX 3」に収録されています。PVも、2つの版にあわせて2種類作られていて、リミックス版の方は映画「ブレードランナー」にインスパイアされた異国感満載の映像なので、オススメです。「GOING 2 DANCE(リミックス版)」→「EZ DO DANCE」→「Silver and Gold dance(リミックス版)」という流れで聴けば、レイブ・ファクトリーの名に恥じない初期trfのダンス・ミュージックを存分に楽しむ事ができます。
愛がもう少し欲しいよ

愛がもう少し欲しいよ

(あいがもうすこしほしいよ)

1993年11月発売。「Silver and Gold dance」と同時に出ました。テクノから離れて少しゆったり目の曲調です。メロディが美しく、トランペットも効いていて、個人的には好きな作品なのですが、テレビでもライブでも歌われない不遇な扱いになっています。知名度が低くて影薄いですが、良い曲なので、みなさん聴きましょう。先述のハードなテクノ3曲の後に聴くと、ホッと一息つけます。PVは、林や草原の中の柔らかい映像で、穏やかな感じです。
寒い夜だから…

寒い夜だから…

(さむいよるだから…)

1993年12月発売。trfの代表曲の1つであり、ウィンターソングとしても素晴らしい作品です。クラブ向けのテクノ・ミュージックを指向して結成されたtrfですが、この曲のヒットで一般への認知度も急上昇し、次作からのミリオンヒット連発への足がかりを作りました。「愛がもう少し欲しいよ」と一緒にテクノの後に聴くと、ちょうどいいブレイクになります。PVは、なぜか2種類作られています。アメリカの街中で歌っているもの(PV1)と、ロウソクの中で歌っているもの(PV2)です。

アルバム

THIS IS THE TRUTH

THIS IS THE TRUTH

(ディス・イズ・ザ・トゥルース)

1993年2月発売。「GOING 2 DANCE」が含まれたアルバム。デビューシングルと同時に発売されました。非常にテクノ感が強く、英語歌詞の曲も多いので、まるで洋楽です。オススメは、かなり特殊な構成の「Time after Time」です。ちなみに、「HYPER TECHNO MIX」というリミックス・アルバムは、この辺の曲をアレンジしたものです。
EZ DO DANCE

EZ DO DANCE

(イージー・ドゥ・ダンス)

1993年7月発売。「EZ DO DANCE」が含まれたアルバム。前作同様、これもテクノ感が強いです。オススメは、構成が工夫されている「ISLAND ON YOUR MIND」、英語歌詞になって印象もかなり違う「EZ DO DANCE (UK DANCE VERSION)」です。ちなみに、「HYPER TECHNO MIX 2」というリミックス・アルバムは、この辺の曲をアレンジしたものです。
WORLD GROOVE

WORLD GROOVE

(ワールド・グルーブ)

1994年2月発売。「Silver and Gold dance」、「愛がもう少し欲しいよ」、「寒い夜だから…」が含まれたアルバム。バラエティ豊かな内容で、第1期のアルバムの中では一番オススメの傑作です。英語歌詞でゴリゴリのダンス曲の「Feel the CENTURY」や「Beauty and Beast」、軽快でノリが良いウィンターソングの「Winter Grooves」、ユニークな構成でグルーブ感たっぷりの「WORLD GROOVE 3rd.chapter」などを聴くことができます。PVも2曲出すという大盤振る舞いで、アジアと自然を感じさせる映像の「WORLD GROOVE」と、ダンサー陣の強烈技巧を堪能できる「Feel the CENTURY」です。ちなみに、「HYPER MIX 3」というリミックス・アルバムは、この辺の曲をアレンジしたものです。
トップページ