trfの第4期

「Unite! The Night!」から「HE LIVES IN YOU」まで。小室プロデュースを終えて、セルフプロデュースに切り替えた時期です。曲の知名度がやや低いですが、様々な良い曲を精力的に出し続けています。

シングル

Unite! The Night!

Unite! The Night!

(ユナイト!ザ・ナイト!)

1998年2月発売。第3期では、様々な曲に挑戦していましたが、小室哲哉を離れた後も、その方針を継続です。かっこいい系の曲ですが、ダークさではなくて、爽やかさがあります。外人のコーラスは、過去作品でも色々と活用されていましたが、今作でもたっぷり使われていて良い感じです。PVは、ノンストップで横に流れていくスタイルで、様々なダンスが通過していきます。技巧を凝らした映像作品です。
Frame

Frame

(フレーム)

1998年3月発売。明るい曲調の、ポジティブな女性の歌です。軽やかな転調が、湧き出るような力強さを感じさせます。CMに合いそうな、王道のポップスという印象です。残念ながらPVはありません。
TRY OR CRY

TRY OR CRY

(トライ・オア・クライ)

1998年4月発売。ミドルテンポの、憂いを帯びた力強い曲です。ひたすら繰り返されるリズム楽器の音が渋くて良いです。この曲も、PVはありません。第4期の曲は、チラチラPVが無い曲が見受けられます。
BE FREE

BE FREE

(ビー・フリー)

1998年9月発売。アップテンポな曲調で、軽やかなダンス・ミュージックです。だんだん転調していって、サビへと上がっていく高揚感が良いです。PVは、どこぞの倉庫で、ラフな雰囲気で仲間と集まってダンスという感じです。
embrace

embrace

(エンブレイス)

1998年11月発売。ミドルテンポの曲調で、意志の強さを感じさせる曲です。この曲もPV無しです。第4期の曲は知名度が低いですが、堅実な良い曲を安定して発表し続けているので、もっと認知されていいと思います。話は逸れますが、第4期の頃のETSUは、髪型が爆発していてパンチ効いています。第4期の目印です。
JOY

JOY

(ジョイ)

1999年2月発売。スローテンポのバラードです。サビでかかる外人コーラスがゴスペルっぽくて、壮大さを醸し出しています。trfは、少ないながら良いバラード曲が過去にいくつかありますが、この曲もその一つです。PVは、誰もいない遊園地を背景に、ワイドスコープの白黒で、こだわりが感じられる映像です。
WIRED

WIRED

(ワイアード)

1999年4月発売。ハードさがある、久しぶりのガッツリ系ダンス・ミュージックで、歌も踊りもかっこいいです。ラストのサビ前の間奏には、壮大な弦楽器の演奏があって圧巻です。あまり知られていませんが、trfの隠れた名曲です。PVは、みんな仮面を被っているので、「masquerade」よりこっちの方が仮面舞踏会っぽいです。井上晴美が何故か出演しています。
HE LIVES IN YOU

HE LIVES IN YOU

(ヒー・リブズ・イン・ユー)

1999年8月発売。「BRAVE STORY」は、ダンスがアフリカっぽい感じでしたが、この曲は、音楽がアフリカっぽい感じです。外人のコーラスが効果的で、雄大さとパワフルさが素晴らしいです。PVは、ステージ演奏映像で、ダンスもしっかり鑑賞できます。このページでは第4期を振り返ってきましたが、良い曲がたくさんありました。これらの曲の再評価が進むことを願います。個人的には、第4期のトップ5は、1位「WIRED」、2位「Unite! The Night!」、3位「BE FREE」、4位「Frame」、5位「TRY OR CRY」です。

アルバム

UNITE

UNITE

(ユナイト)

1998年5月発売。「Unite! The Night!」、「Frame」、「TRY OR CRY」が含まれたアルバム。従来のと比べると、少しダンス・ミュージック感は控えめて、ミドルテンポ寄りな曲が多い感じです。
LOOP#1999

LOOP#1999

(ループ#1999)

1999年5月発売。「BE FREE」、「embrace」、「JOY」、「WIRED」、「HE LIVES IN YOU」が含まれたアルバム。ハードな曲調の「slung and soul」や「Stand up and Dance」などが含まれ、前作より、ダンス・ミュージック感がアップしています。
トップページ