魔法一覧(FF1)

魔法一覧

魔法解説 白魔法 黒魔法 属性 アドバイス 状態異常

魔法解説

FF1の魔法は白魔法黒魔法の二種類です。どちらもレベル8まであり、それぞれのレベルに4つずつ魔法がありますが、習得できるのは一つのレベルにつき3つまでなので、どの魔法を覚えるか(捨てるか)、パーティの状態などを考えてきちんと選びましょう。
また、魔法の使用は、MP制ではなくて回数制になっていて、それぞれのレベルにつき最高9回までとなっています。ダンジョンの中では魔法の回数を回復する手段がないので、ボス戦で魔法が使えるように回数を温存しながら慎重に使わないといけません。ザコ戦でどんどん魔法を使っていると、肝心のボス戦で必要な魔法が使えなくてピンチに陥ります。

【魔法が使えるジョブ】

白魔法

回復・防御魔法が中心です。(評価:◎=オススメ、○=普通、△=あまり使わない)。
白魔術師・白魔道師、赤魔術師・赤魔道師、ナイトが使用することができます。

LV1
ケアル味方単体を16〜32回復。白術・白道・赤術・赤道・ナイト
プロテス味方単体の防御力を8上げる。重ねがけ可。白術・白道・赤術・赤道・ナイト
ディアアンデッド全体に20〜80ダメージ。白術・白道
ブリンク自分の回避率を80上げる。重ねがけ可。白術・白道・赤道・ナイト
LV2
バサンダ味方全体に雷ダメージ半減バリア。白術・白道・赤術・赤道・ナイト
サイレス敵全体を沈黙状態にする。白術・白道・赤術・赤道・ナイト
インビジ味方単体の回避率を40上げる。重ねがけ可。白術・白道・赤術・赤道・ナイト
ブラナ味方単体の暗闇を回復。白術・白道・赤術・赤道・ナイト
LV3
ケアルア味方単体のHPを33〜60回復。白術・白道・赤術・赤道・ナイト
バファイ味方全体に炎ダメージ半減バリア。白術・白道・赤術・赤道・ナイト
アディアアンデッド全体に40〜160ダメージ。白術・白道
ヒール味方全体を12〜24回復。白術・白道
LV4
バコルド味方全体に氷ダメージ半減バリア。白術・白道・赤術・赤道
ポイゾナ味方単体の毒を回復。白術・白道・赤術・赤道
ボキャル味方単体の沈黙を回復。白術・白道・赤道
フィアー敵全体を追払う。白術・白道
LV5
ケアルダ味方単体のHPを66〜132回復。白術・白道・赤術・赤道
レイズ味方単体の戦闘不能をHP1で回復。白術・白道・赤道
ダディアアンデッド全体に60〜240ダメージ。白術・白道
ヒーラ味方全体を24〜48回復。白術・白道
LV6
ダテレポダンジョンから脱出。白道・赤道
プロテア味方全体の防御力を12上げる。重ねがけ可。白術・白道・赤道
インビア味方全体の回避率を40上げる。重ねがけ可。白術・白道・赤道
ストナ味方単体の石化を回復。白術・白道
LV7
ケアルガ味方単体を完全回復。白道
ラヒーラ味方全体を48〜96回復。白術・白道
ガディアアンデッド全体に80〜320ダメージ。白道
バマジク味方全体に死・精神・地震耐性バリア。白術・白道・赤道
LV8
ホーリー敵全体に80〜320ダメージ。白道
アレイズ味方単体の戦闘不能を完全回復。白道
バオル味方単体に全属性攻撃半減バリア。白道
デスペル敵単体の魔法防御を消す。白道

黒魔法

攻撃・攻撃補助魔法が中心です。(評価:◎=オススメ、○=普通、△=あまり使わない)。
黒魔術師・黒魔道師、赤魔術師・赤魔道師、忍者が使用することができます。

LV1
ファイア敵単体に炎で10〜40ダメージ。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
サンダー敵単体に雷で10〜40ダメージ。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
スリプル敵全体を睡眠。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
シェイプ敵単体の回避率を10下げる。重ねがけ可。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
LV2
ストライ味方単体の攻撃力を14上げる。重ねがけ可。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
ブリザド敵単体に氷で20〜80ダメージ。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
ダクネス敵全体を暗闇。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
スロウ敵全体の攻撃回数を低下。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
LV3
ファイラ敵全体に炎で30〜120ダメージ。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
サンダラ敵全体に雷で30〜120ダメージ。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
シェイラ敵全体の回避率を10下げる。重ねがけ可。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
ホールド敵単体をマヒ。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
LV4
ヘイスト味方単体の攻撃回数を二倍にする。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
ブリザラ敵全体に氷で40〜160ダメージ。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
コンフュ敵全体を混乱。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
スリプラ敵単体を睡眠。黒術・黒道・赤術・赤道・忍者
LV5
ファイガ敵全体に炎で50〜200ダメージ。黒術・黒道・赤術・赤道
クラウダ敵全体を即死。黒術・黒道・赤道
テレポ前にいた階に戻る。黒道・赤道
ラスロウ敵単体の攻撃回数を低下。黒術・黒道・赤術・赤道
LV6
サンガー敵全体に雷で60〜240ダメージ。黒術・黒道・赤道
クエイク敵全体を即死。黒術・黒道
デス敵単体を即死。黒術・黒道
スタン敵単体をマヒさせる。黒術・黒道
LV7
ブリザガ敵全体に氷で70〜280ダメージ。黒術・黒道・赤道
ブレイク敵単体を石化。黒道
ブライン敵単体を暗闇。黒術・黒道
セーバー自分の攻撃力を16、命中率を10上昇。重ねがけ可。黒道
LV8
フレアー敵全体に100〜400ダメージ。黒道
デジョン敵全体を即死。黒道
キル敵単体を即死。黒道
ストップ敵全体をマヒ。黒道

属性

FF1の魔法や特殊攻撃には8つの属性があります。

属性ファイア系やほのおなど。アンデッドや氷系の敵に効果大。
属性ブリザド系やふぶきなど。炎系の敵に効果大。
属性サンダー系やいなづまなど。水棲系の敵に効果大。
精神属性マヒ・眠り・混乱・沈黙などの魔法・攻撃。いわゆる状態異常。
属性ブレイクやクラウダ、毒ガス・毒針など。状態異常の石化はこれに含まれる。
地震属性クエイク、じしんなど。宙に浮いている敵には無効。
属性デス、キル。アンデッドには無効。
時空属性ストップ、デジョン。-

アンデッド

アンデッドとは、ガイコツ系やゾンビ系の敵のことです。白魔法のディア系でダメージを与えられます。炎属性も弱点です。死属性は効きません。

アドバイス

魔法に関して、ぜひ知っておきたいポイントを紹介。

重ねがけ

一部の補助魔法は重ねがけが可能です。複数回唱えれば、その効果が蓄積されます。例えばプロテス(防御魔法)を何回もかければ、どんどん防御力を上昇させられてより強化できます。ボス戦などで有効です。

ストライとヘイスト

黒魔法のストライヘイストは攻撃力を上げる補助魔法です。ストライを戦士やモンクに重ねがけしたり、ヘイストをかけて強化すれば、ボス戦で大ダメージを与える事ができます。全てのボス戦で役に立つ戦法なので、ぜひパーティの一人にストライ・ヘイストが使えるキャラを入れておきたいです。

テレポとダテレポ

ダンジョン脱出魔法に黒魔法テレポと白魔法ダテレポがあります。テレポは、前にいた階に戻る魔法で、一つ前の階に戻る魔法ではありません。例えば2階と3階を何度も往復していると、テレポを唱えても2階と3階を往復するだけです。ダテレポは、どの階にいても唱えれば一発でダンジョンを脱出できます。ラストダンジョンは、一旦入るとテレポかダテレポを唱えるしか脱出する方法がありません。貴重なアイテムをとっても、外に出ないとセーブできないので、脱出手段としてテレポやダテレポが重要になります。ぜひパーティの一人にダテレポを使えるキャラ(白魔道師か赤魔道師)を入れておきたいです。(テレポでは、最深部まで進むと回数が足りずに脱出できない場合あり)。

状態異常

魔法や特殊攻撃によって状態異常になります。アイテムや魔法で回復できます。

暗闇命中率が低下する。ブラナ、目薬、万能薬で回復。
沈黙魔法が使えなくなる。ボキャル、山彦草、万能薬で回復。
眠り一定時間行動不能になる。万能薬で回復。
マヒ一定時間行動不能になる。万能薬で回復。
ターン毎(一歩毎)にHPが減少する。ポイゾナ、毒消し、万能薬で回復。
石化石になって行動不能になる。ストナ、金の針、万能薬で回復。
戦闘不能HPがゼロになって行動不能になる。レイズ系、フェニックスの尾、教会で回復。
オススメ
シリーズ一覧