ギャラリー

レディー・ガガは、メイクや衣装など、ファッションでも強い個性を放っています。このページでは、「Telephone」特集の他、オススメなものを厳選して紹介しています。ガガの独特な世界をご覧下さい。

画像集

「Telephone」のレディー・ガガ1 「Telephone」のレディー・ガガ2
「Telephone」の面白衣装を10個紹介します。
【左】
その1。サングラスと服のシルエットが揃ってるのが良いです。
【右】
その2。体にはぶっとい鎖が巻かれ、顔にはなぜかタバコがビッシリ。煙も出てます。
「Telephone」のレディー・ガガ3 「Telephone」のレディー・ガガ4
【左】
その3。パンキッシュな衣装も良いですが、それよりも頭のビール缶に目が行ってしまいます。
【右】
その4。「犯罪現場立入禁止」の黄色テープで巻かれてます。包帯のようなミイラのような独特な印象です。
「Telephone」のレディー・ガガ5 「Telephone」のレディー・ガガ6
【左】
その5。やたらでかい帽子。一定以上の幅が無いと、通り抜けできません。
【右】
その6。鮮やかな水色で、幾何学的なデザインの帽子。受話器やダイヤルも完備してます。
「Telephone」のレディー・ガガ7 「Telephone」のレディー・ガガ8
【左】
その7。髪の毛が受話器の形。どこ見てるんだかよく分からない表情で固まってるのが良いです。
【右】
その8。露出多めのアメリカンなセクシー衣装。踊ってる周囲には、死体がいっぱいですけど。
「Telephone」のレディー・ガガ9 「Telephone」のレディー・ガガ10
【左】
その9。全身ヒョウ柄。この帽子を見ると、なんとなく漫画「がきデカ」のこまわり君を連想します。
【右】
その10。薄紫色の布で全身を覆ってます。鬼太郎みたいに片目しか出てない所が怪しくて良いです。
レディー・ガガの帽子1 レディー・ガガの帽子2
型破りな帽子を4つ紹介。
【左】
その1。謎のデザインですが、白色がピンクの髪と調和してます。
【右】
その2。クラシカルでレトロな黒電話。これさえあれば、もう携帯電話は不要です。
レディー・ガガの帽子3 レディー・ガガの帽子4
【左】
その3。きらびやかでゴーシャスな海老が、頭上で燦然と輝いてます。ラグジュアリーなオートクチュール・ドレスが似合うエレガントなマダムならマストバイです。
【右】
その4。だれ?
生肉ドレスのレディー・ガガ 「徹子の部屋」のレディー・ガガ
奇抜なガガさん。
【左】
物議を醸した生肉ドレス。すき焼きにピッタリな薄切り肉をこれでもかと使用しています。ニオイや変色に注意。
【右】
「徹子の部屋」に、ジャイアント黒たまねぎみたいな衣装で登場。さすがの黒柳徹子もドン引きしてました。
「The Fame Monster」のレディー・ガガ1 「The Fame Monster」のレディー・ガガ2
ゴスなガガさん。
【左】
「The Fame Monster」のイメージ写真。黒い髪と血の涙で、貞子のようなホラーな感じが出てます。
【右】
頭にカラスみたいな黒い鳥がのってます。個人的に映画「オーメン2」を思い出します。
「Born This Way」のレディー・ガガ 「Artpop」のレディー・ガガ
アートなガガさん。
【左】
「Born This Way」のイメージ写真。ヤンキー風味の般若みたいで、迫力があります。
【右】
「Artpop」のイメージ写真。斬新な溶接マスクを付けたヴィーナスという感じです。
頭が3つのレディー・ガガ アンドロイドのレディー・ガガ
人外なガガさん。
【左】
ケルベロスみたいに頭が3つです。これで首が伸びると、キングギドラになります。
【右】
とうとうアンドロイドになりました。ターミネーターより作りが精密です。
「Rolling Stones」のレディー・ガガ 「Chromatica」のレディー・ガガ
戦闘的なガガさん。
【左】
雑誌「Rolling Stones」の表紙。胸から機関銃で、完全に戦闘態勢です。
【右】
「Chromatica」のイメージ写真。これでもかとピンクを盛ったアマゾネスです。
レディー・ガガのパワー > ギャラリー