1000円以下で美味しいグルメ!

サイトにご訪問頂き、ありがとうございます。このサイトは、予算1000円で、色々なグルメを食べて紹介します。ラーメン、カレー、丼、パスタ、寿司、スイーツなどをレポしていくので、お気軽にご覧下さい。毎月4回更新です。

【ルール】
【明治】

最新レポ!

12月 第2

かき揚げ丼(小諸そば)
月夜のばかしそば(小諸そば)
【お店】 小諸そば
【食事】 かき揚げ丼セット (550円)、月夜のばかしそば (480円)
【会計】 1030円 (超過分30円を繰り越し額で相殺した次回の予算→1385円)
12月前半の企画《そばチェーン対決(2店)》の後手は、「小諸そば」(こもろそば)です。中央区・千代田区・港区など、東京の都心部を中心にチェーン展開しているセルフサービス形式の蕎麦店です。メニューの価格帯は、単品が300〜500円台で、セットメニュー(丼+蕎麦)も500〜700円台なので、安い感じです。
今回は、セットメニューの「かき揚げ丼セット」と、単品メニューの「月夜のばかしそば」を食べてみました。セットの蕎麦は、もりそば(冷)とかけそば(温)のどちらかを選べます。今回は、もりそばにしてもらいました。蕎麦は、灰色の細めで、柔らかい感じの普通の蕎麦でした。卓上にネギが常備されているので、ネギ入れ放題なのが嬉しいです。そばつゆの量が若干少ない気がしましたが、さっぱり食べられました。ネギをたくさん食べたいときは、かけそばの方が良いと思います。かき揚げ丼は、平たい丼に、少なめのご飯があり、タレがかかっていて、それを覆うような大きなかき揚げがのっています。脇には、ピンク色の大根の漬け物が添えられています。かき揚げの具は、タマネギがメインで、青ネギ、ニンジン、干し海老、ゲソがちょっと入っている感じです。丼全体の量は少なめですが、具沢山なのが印象良かったです。月夜のばかしそばの具は、油揚げ、干し海老入りの天かす、とろろ、生のうずらの卵、ホウレン草、柚子皮です。ネーミングがなかなか面白いですが、月(=黄身)の下で、キツネ(=油揚げ)とタヌキ(=天かす)がばかしあいという事でしょう。通常のかけそば(290円)に+190円して色んな具をのせたバージョンという感じです。色んな具があって、賑やかな感じが良かったです。汁は、あっさりした薄味でした。汁の温度が少しぬるいのが気になりました。セットと単品を食べてみてのトータルの印象としては、価格は安いですが、量も質も味も標準的という感じだったので、コスパの良さまでは感じられず、満足度は普通でした。小諸そばは、丼と蕎麦のセットが充実しているので、セットでしっかり食べたい時にオススメだと思います。
嵯峨谷VS小諸そばの対決結果は、嵯峨谷の勝ちとさせて頂きます。両店とも、価格が安くてリーズナブルなお店でしたが、嵯峨谷の方が蕎麦の質の良さが感じられて、コスパ感が少し上回ってました。

前回のメニュー

12月 第1

鴨南蛮そば(嵯峨谷)
おおもりそば(嵯峨谷)
【お店】 嵯峨谷
【食事】 鴨南蛮そば (500円)、おおもりそば (430円)
【会計】 930円 (お釣り70円と繰り越し含めた次回の予算→1415円)
12月前半の企画は、《そばチェーン対決(2店)》です。先手は、「嵯峨谷」(さがたに)です。2011年に創業したセルフサービス形式の蕎麦屋で、池袋・新宿・渋谷など、都心部にチェーン展開しています。十割蕎麦を売りにしていて、太麺と細麺を選択可能です(基本は太麺)。蕎麦の他、うどんや冷麦に変更する事も可能だそうです。メニューの価格帯は、300〜500円台なので、リーズナブルな感じです。
今回食べたのは、温メニューの「鴨南蛮そば」と、冷メニューの「おおもりそば」です。蕎麦は、灰色で少し幅がある平たい形で、コシが感じられました。鴨南蛮の具は、鴨肉3つ、三つ葉、白ネギ、ネギです。鴨肉は、脂身付きで厚さがあり、噛んだ時にしっかりした質感が感じられます。汁は、色が濃い目ですが、味はあっさりしていて、うっすらコクもあります。麺と具と汁がきちんと作られていて、好印象の一杯でした。おおもりそばは、もりそば(320円)の大盛り版です。薬味として、ネギとワサビが付いています。つゆは、辛めで味しっかりな感じです。蕎麦の良さをシンプルに楽しめて、一気に食べ進める事ができました。量もちゃんとあって良かったです。このお店では、無料サービスとして、ワカメとそば湯が卓上に常備されています。具としてワカメを活用したり、もりそばのつゆをそば湯で割って飲んだりできました。2つのメニューを食べた感想としては、蕎麦そのものの印象が良く、安くて味も良かったので、満足です。
嵯峨谷は、安さと質の良さを両立できているので、コスパが良いと思います。気軽に美味しい蕎麦を楽しみたい時にオススメです。

ログ & リンク

過去ログ

大人のハンバーグ(大人のハンバーグ) 2019年のグルメ
【店舗数】 50店(予定)
【平均額】 ???
東京豚骨ラーメン(得入りトッピング)(屯ちん) 2018年のグルメ
【店舗数】 36
【平均額】 999.83
牛ロースかつ麦めしセット(もと村) 2017年のグルメ
【店舗数】 36
【平均額】 999.17
ローストビーフ丼(レッドロック) 2016年のグルメ
【店舗数】 28
【平均額】 999.32

リンク

チョコレート(ゴディバ) アマゾン 食品カテゴリ
【解説】 食品や飲料を、ネット通販で安く購入できます。お得な定期便割引もあります。
(食品) 米、パン、麺類、野菜、果物、肉、魚、菓子、調味料、サプリ、ギフト …など。
(飲料) 水、炭酸、ジュース、牛乳、お茶、コーヒー、エナジードリンク、お酒 …など。

このサイトはリンクフリーなので、お気軽にリンクしてください。商品・価格・情報は、掲載当時のものです。現在では変更になっている(地域・店舗によって異なる)可能性もあるのでご注意ください。価格は、全て税込みで表示しています。

管理人:BHDAA