2019年のグルメ

サイトにご訪問頂き、ありがとうございます。このサイトは、予算1000円で、色々なグルメを食べて紹介します。ラーメン、カレー、丼、パスタ、寿司、スイーツなどをレポしていくので、お気軽にご覧下さい。毎月4回更新です。

【ルール】
【大塚製薬】

2019年

1月 第1

特俺流塩らーめん(俺流塩らーめん) 【お店】 俺流塩らーめん
【食事】 特俺流塩らーめん (980円)
【会計】 980円 (お釣り20円含めた次回の予算→1020円)
去年でちょうど100店という区切りがついたので、2019年からこのサイトを更にパワーアップして、月4店紹介に増やします。ただ、これだと年48店になって、ややキリが悪いので、3月と9月は5店紹介にして、年50店とします。ちょうど2年毎に100店になる計算です。週一ペースの更新になるので大変かもしれませんが、頑張ります。
新年一発目となる1月前半の企画は、シンプルに《塩ラーメン対決(2店)》です。先手は、「俺流塩らーめん」(おれりゅうしおらーめん)です。渋谷発祥のラーメン店で、渋谷を中心にチェーン展開していて、香港にも出店しています。満席でにぎわっている人気店です。
注文したのは、「特俺流塩らーめん」です。通常版(670円)よりも具が増加した上位版です。注文時に、麺の固さや、スープの種類(塩、熟成塩、辛塩)を選べます。今回は、普通麺と塩スープで、基本的な構成にしてもらいました。麺は、細めで、コシと柔らかさが丁度良い塩梅です。スープは、透明な塩スープで、とても飲みやすいあっさり味です。具は、チャーシュー2枚、味玉、ホウレン草、メンマ、ネギです。チャーシューは肉質がしっかりしていて、脂身も柔らかく、大きさもしっかりあって美味しかったです。その他の具も、麺に絡めやすくて食べやすかったです。注目すべきは、卓上にある無料の薬味です。岩ノリ、とろろこんぶ、梅、柚子胡椒、マーにんにく、ラー油などがあり、自由に入れて色々な味を楽しめます。あっさりしたスープなので、どの薬味も良いアクセントになって、美味しさを増してました。とても良い工夫だと思います。このラーメンは、味と具が良くて、様々な薬味による風味の変化も素晴らしいので、満足でした。新年早々当たりなので幸先良いです。
俺流塩らーめんは、あっさりしたラーメンが好きな人にオススメです。塩以外にも、つけ麺や、こってり系ラーメンなど、色々あって飽きさせないお店だと思います。

1月 第2

鬼塩ラーメン(鬼そば藤谷) 【お店】 鬼そば藤谷
【食事】 鬼塩ラーメン (大盛950円)
【会計】 950円 (お釣り50円と繰り越し含めた次回の予算→1070円)
1月前半の企画《塩ラーメン対決(2店)》の後手は、「鬼そば藤谷」(おにそば・ふじや)です。渋谷のセンター街にあり、ものまねタレントのHEY!たくちゃん(本名の名字が藤谷)が経営しています。東京ラーメンショー2011で優勝した塩ラーメンを提供しているそうです。
注文したのは、基本メニューの「鬼塩ラーメン」です。価格は850円で、+100円の大盛りにしてもらいました。麺は、細めのストレートで、うっすらともっちり感があります。スープは、茶色い透明な塩スープで、鶏がしっかり効いています。味はあっさりですが、脂でこってりしていました。具は、チャーシュー2枚、メンマ、ネギ、揚げネギ、柚子皮です。チャーシューは、お箸で持ち上げようとするだけで自然とほぐれる柔らかさががありました。肉質はしっかりしていて、美味しかったです。揚げネギも、香ばしさをプラスしていて良かったです。全体の印象としては、塩ラーメンと中華そばの中間という感じの味でした。麺、スープ、具にそれぞれこだわりが感じられ、質の良さが伝わりました。味が美味しくて、大盛りで量もちゃんとあったので、満足です。鬼そば藤谷は、こってりした塩ラーメンを食べたい人にオススメです。塩ラーメンというとあっさり味のイメージがあるので、なかなか個性的だと思います。その他のメニューには、塩つけ麺や、醤油ラーメンなどもあります。
塩ラーメン対決の結果は、俺流塩らーめん≧鬼そば藤谷とさせて頂きます。味に関しては、あっさり味の俺流と、こってり味の藤谷で、それぞれ美味しかったです。好みの差だと思います。具に関しては、俺流の方が若干多かったです。また、卓上にある各種の薬味が良かった点もポイント高いです。最後の工夫の一押しが勝負を決めました。

1月 第3

特製醤油厳選全部のせラーメン(魁力屋) 【お店】 魁力屋
【食事】 特製醤油厳選全部のせラーメン (950円)
【会計】 950円 (お釣り50円と繰り越し含めた次回の予算→1120円)
1月後半の企画は、《醤油ラーメン対決(2店)》です。先手は、「魁力屋」(かいりきや)です。京都発祥のラーメン店で、主に関西・中部・関東地方にチェーン展開しています。京都の背脂醤油ラーメンが売りだそうです。
注文したのは、「特製醤油厳選全部のせラーメン」です。基本の特製醤油ラーメン(702円)の具が増加した上位版です。注文時に、面の固さや背脂の量をカスタマイズできます。麺は、ストレートの細麺でした。スープは、醤油スープの表面に背脂が浮かんでいます。醤油と背脂の組み合わせによって、こってり感、まろやかさ、コクが出ていて良かったです。具は、チャーシュー複数枚、味玉、メンマ、ネギ、海苔3枚です。チャーシューは薄切りなので、柔らかくて麺に絡めやすかったです。卓上には、無料の刻みネギがあり、ラーメンにネギを入れ放題になっています。ネギの爽やかさとシャキシャキ感によって、スープがこってり味でしつこくなりすぎないように緩和され、味にプラスになってました。ちなみに、ネギの他に、厚切りの細切れタクアンも卓上に備え付けられていて、箸休めに食べられます。あまり他のラーメン屋には置いてない感じなので、珍しいです。セットのライスを食べる時などに良いでしょう。トータルの印象としては、スープが美味しくて、具と麺の絡みも良く、ネギのサービスも気が利いているで、満足でした。
魁力屋は、こってりした醤油ラーメンを食べたい時にオススメです。お昼にネギをたっぷり入れて食べれば、良いエネルギー源になりそうです。その他のメニューには、数量限定の九条ネギラーメンもあります。ネギ山盛りです。

1月 第4

醤油特製らーめん(えるびす) 【お店】 えるびす
【食事】 醤油特製らーめん (1000円)
【会計】 1000円 (お釣り0円と繰り越し含めた次回の予算→1120円)
1月後半の企画《醤油ラーメン対決(2店)》の後手は、「えるびす」です。池袋で20年以上営業している醤油ラーメンのお店です。池袋は飲食店がたくさんあるので激戦区だと思いますが、その中で20年以上サバイバルしてきたのは凄いと思います。店名の由来は、商売の神エビス様のご利益を得る、から来ているそうです。てっきり、エルビス・プレスリーかと思ってました。
注文したのは、「醤油特製らーめん」です。基本の醤油らーめん(700円)の具が増加した上位版です。麺は、ストレートの細麺で、柔らかめでした。スープは、薄い茶色の醤油スープで、表面には背脂があります。塩ラーメンかと思う位あっさりした印象ですが、醤油の風味はしっかり出ていて、背脂によってコクが加わっていました。前回の魁力屋でも思いましたが、醤油スープと背脂の組み合わせは、とても良いです。具は、チャーシュー2枚、味玉、モヤシ、コーン、メンマ、ネギ、海苔です。チャーシューは、薄いですが、大きさがありました。味玉は、炙って焼き目が付いているのが珍しかったです。味がしっかり染みてました。野菜は、歯応えがそれぞれあって、麺より多い具沢山な印象を出してました。このラーメンは、スープや具にこだわりが感じられ、味が美味しくて量も良かったので、満足です。えるびすは、あっさり味の醤油ラーメンが食べたい人にオススメです。その他のメニューには、つけ麺もあります。
魁力屋VSえるびすの対決結果は、引き分けとさせて頂きます。どちらも醤油スープ+背脂でしたが、魁力屋はこってり寄り、えるびすはあっさり寄りの味でした。好みの問題だと思います。どちらも、スープが美味しくて具も多かったので、甲乙付け難しです。

2月 第1

とんこつラーメン(博多風龍) 【お店】 博多風龍
【食事】 とんこつラーメン (650円)、博多産明太子ご飯 (150円)、半熟玉子 (100円)
【会計】 900円 (お釣り100円と繰り越し含めた次回の予算→1220円)
2月前半の企画は、《豚骨ラーメン対決(2店)》です。先手は、「博多風龍」(はかたふうりゅう)です。渋谷や秋葉原など、主に東京都内にチェーン展開している豚骨ラーメン店です。替え玉2つまで無料というサービスが売りになっています。
注文したのは、基本メニューの「とんこつラーメン」です。サイドメニューの「博多産明太子ご飯」、トッピングの「半熟玉子」も付けました。麺は、ストレートの細麺で、注文時に硬さを選べます。スープは、白い豚骨スープです。こってりしていて、穏やかな味でまろやかな感じです。クセがなくて飲みやすいです。具は、薄いチャーシュー1枚、キクラゲ、ネギです。定番の具なので、無難な感じです。追加の味玉も、ちゃんと半熟で味が染みてました。替え玉は、無料の2つまでお代わりしました。1玉の量が結構あるので、2玉までいくと、お腹いっぱいになれます。卓上には、無料の紅生姜、辛子高菜、ニンニク、鷹の爪があるので、自分で好きなように入れて辛味や刺激を追加できるので、飽きずに食べられます。明太子ご飯は、ライスの上にネギと明太子がのっています。お箸でかき混ぜて食べると、ネギのシャキシャキ感と、明太子の程良い辛さが合わさって、美味しかったです。総合的な印象としては、シンプルな作りのオードソックスな豚骨ラーメンという感じで、万人受けする味だと思います。ご飯と替え玉の合わせ技でかなり満腹になったので、満足です。
博多風龍は、定番の豚骨ラーメンをたっぷり食べたい時にオススメです。価格がリーズナブルで、無料の替え玉や卓上の薬味などサービスも良いと思います。その他のメニューでは、黒マー油入りや辛味噌入りのとんこつラーメンもあります。

サイトをご覧頂き、ありがとうございました。このサイトはリンクフリーなので、お気軽にリンクしてください。商品・価格・情報は、掲載当時のものです。現在では変更になっている(地域・店舗によって異なる)可能性もあるのでご注意ください。

トップページ