2021年のグルメ!

ご訪問頂き、ありがとうございます。このサイトは、予算1000円で、色々なグルメを食べて紹介します。ラーメン、カレー、焼肉、寿司、パスタ、スイーツなどをレポしていくので、お気軽にご覧下さい。毎月5回更新です。

【ルール】
【永谷園】

2021年

1月 第1

Wロースカツ定食(とんから亭) 【お店】 とんから亭
【食事】 Wロースカツ定食 (979円)
【会計】 979円 (お釣り21円と繰り越し含めた次回の予算→1021円)
去年でちょうど計200店(≒20万円)を達成し、今年は更にパワーアップすることにしました。安くて美味しい飲食店にいつも感心して素晴らしいと思っているので、応援の意味も込めて、紹介店数を増やします。毎月5店にして、年60店となります。2021年最初となる1月前半の企画は、今年はコロナに勝つ(=カツ)という事で、《とんかつ対決(2店)》です。先手は、「とんから亭」(とんからてい)です。すかいらーく系列の、とんかつと唐揚げのお店で、店舗数は少ないですが主に東京と埼玉にチェーン展開しています。とんかつ定食は700円台から、カツ丼と唐揚げ定食は600円台からあります。無料サービスのカレーかけ放題がユニークです。
注文したのは「Wロースカツ定食」です。通常のロースカツ定食(ご飯と味噌汁付きで759円)のとんかつが2枚になったバージョンです。とんかつは、それなりに大きさと厚みがあり、しっかりした肉質で、衣がサクサク、味は淡白です。1枚目は普通にソースをかけて食べて、2枚目は無料のカレーにつけて、カツカレー風にいただきました。2種類の味を楽しめるのが良かったです。カレーは、挽き肉と細かく切ったニンジン・タマネギが入っていて、ちゃんと具有りなのが良かったです。キャベツの千切りも山盛りで添えられていて、卓上にはゴマドレッシングとニンジンドレッシングがあるので、モリモリ食べられます。漬け物も置いてあるので、ご飯のおかずには全く困りません。味噌汁は、ワカメとネギが具でした。この定食は、とんかつ2枚でボリュームがあり、無料カレーを駆使してカツカレーまで食べられたので、満足でした。
とんから亭は、スタンダードなとんかつ定食やカツ丼を食べたい時にオススメです。カレーも活用すれば、お腹いっぱになれます。

1月 第2

さぼてん弁当(新宿さぼてん) 【お店】 新宿さぼてん
【食事】 さぼてん弁当 (990円)
【会計】 990円 (お釣り10円と繰り越し含めた次回の予算→1031円)
1月前半の企画《とんかつ対決(2店)》の後手は、「新宿さぼてん」(しんじゅくさぼてん)です。50年以上前に東京の新宿で創業したとんかつ店で、レストランとデリカ(とんかつや弁当の持ち帰り店)をチェーン展開しています。レストランは、安くて1300円台でこのサイト的に予算オーバーなので、今回は、700〜900円台のとんかつ弁当を販売しているデリカの方を利用してみました。
注文したのは、「さぼてん弁当」です。弁当の他に、ソースと和からしが付いてます。弁当の内容は、ヒレかつ、ロースかつ、エビフライ、ご飯(ふりかけ付き)、キャベツ、卵焼き、煮物、漬け物です。ヒレかつは丸くて小さめ、ロースかつはハーフサイズ、エビフライはしっかり長さがあります。どれも衣がサクサクで、とんかつは適度な大きさに切ってあるので食べやすいです。豚肉は柔らかさもあり、クオリティの高さを感じさせます。エビもプリッとした食感がありました。ソースは、味濃い目で甘酸っぱさがほんのりあり、とんかつに合ってます。ご飯とキャベツの千切りは、しっかり量があり、ボリューム感に寄与してました。小さい卵焼き、さやいんげんとニンジンの煮物、紫色の柴漬けは、箸休め程度で少量です。この弁当は、3種類の揚げ物が楽しめて、食べ応えもあったので、満足でした。新宿さぼてんのデリカは、美味しいとんかつ弁当を食べたい時にオススメです。とんかつ単品を買って、夕ご飯のおかずにするのも良いです。
とんから亭VS新宿さぼてんの対決結果は、引き分けとさせていただきます。とんから亭はボリュームが素晴らしく、サービスのカレーも良かったです。新宿さぼてんは、とんかつの質が良く、ソースも個性があって、味が良かったです。

1月 第3

中華そば(我武者羅) 【お店】 我武者羅
【食事】 中華そば (大盛950円)
【会計】 950円 (お釣り50円と繰り越し含めた次回の予算→1081円)
1月後半の企画は、《背脂ラーメン対決(3店)》です。1店目は、「我武者羅」(がむしゃら)です。東京都渋谷区の幡ヶ谷と初台で営業しているラーメン店で、店舗によってメニューが違います。前者では生姜醤油ラーメン、後者では背脂煮干しラーメンです。どちらも、新潟県のラーメンになります。今回は、新潟燕三条系と言われる背脂煮干しの方に行きました。
注文したのは、基本メニューの「中華そば」です。+100円の大盛りにしてもらいました。注文時に、背脂の量を調節できます。麺は、平たい太麺で、もちもちした食感です。うどんとラーメンの中間みたいな感じで、印象的でした。スープは、煮干しの風味が効いた醤油スープです。表面に背脂がしっかり入ってます。スープの味はあっさり寄りで、背脂によってコクとまろやかさがプラスされています。具は、チャーシュー、メンマ、タマネギ、岩のりです。チャーシューは、不規則な切り方の薄切り3枚で、肉質と味がしっかりしてました。メンマと岩のりは、小さいカットなので、麺とよく絡みます。タマネギは、生の粗みじん切りで、シャキシャキした食感がスープの後口を爽やかにしてくれます。このラーメンは、麺・スープ・具にそれぞれこだわりが感じられて、個性的な味で美味しかったので、満足です。
我武者羅は、背脂、醤油、煮干しの要素があるので、どれか一つでも好きな要素があれば、試してみるといいと思います。合わせ技でユニークな味を楽しめるでしょう。

1月 第4

ラーメン(ホープ軒) 【お店】 ホープ軒
【食事】 ラーメン (大盛950円)
【会計】 950円 (お釣り50円と繰り越し含めた次回の予算→1131円)
1月後半の企画《背脂ラーメン対決(3店)》の2店目は、「ホープ軒」(ほーぷけん)です。東京で営業している、立ち食いスタイルの背脂ラーメンのお店です。歴史を辿ると、吉祥寺の「ホープ軒本舗」(ほーぷけんほんぽ)という屋台が元祖で、暖簾分けでホープ軒系の店が東京都内に広がっています。今回は、その中でも有名な千駄ヶ谷のホープ軒に行きました。
注文したのは、基本メニューの「ラーメン」です。通常が800円で、今回は+150円の大盛りにしてもらいました。幅の広い丼で提供され、一目で大盛りだと分かる量の多さです。麺は、少し太めの中太で、ストレートです。少し固めでしっかりした食感です。スープは、豚骨の匂いががっつり来る醤油豚骨で、味しっかり目です。表面に浮かぶ背脂で、まろやかさとコクが出てます。大盛りだと、完飲が難しいほどスープ量が多いです。卓上には、辣醤(唐辛子入り味噌)、すりおろしたニンニク、酢などが常備されているので、自分の好みで辛味や酸味を加えて、味に変化を出せます。具は、チャーシュー、モヤシ、メンマです。チャーシューは、大きなカットの2枚で、肉質しっかりです。メンマも、大きめです。モヤシは、たっぷり入っていて、シャキシャキの食感で濃いスープの後口を爽やかにします。卓上には、入れ放題の刻みネギが常備されているので、モヤシと合わせてシャキシャキ感を追加できます。このラーメンは、昔ながらの味が美味しくて、がっつり満腹まで食べられたので、満足です。
ホープ軒は、がっつり・こってりなラーメンを食べたい時にオススメです。ニンニクやネギをたっぷり入れて、活力源にすると良いでしょう。力仕事してる男性に合いそうな印象でした。

1月 第5

チャーシューメン(特麺コツ一丁ラーメン) 【お店】 特麺コツ一丁ラーメン
【食事】 チャーシューメン (1000円)
【会計】 1000円 (お釣り0円と繰り越し含めた次回の予算→1131円)
1月後半の企画《背脂ラーメン対決(3店)》の3店目は、「特麺コツ一丁ラーメン」(とくめんこついっちょうらーめん)です。東京都渋谷区の幡ヶ谷で営業しているお店で、背脂入りラーメンが売りになっています。営業時間は、ランチは無く、夜のみなので注意です。
注文したのは、「チャーシューメン」です。通常のラーメンが750円で、+250円するとチャーシューが増えます。注文時にニンニクを入れるかどうか聞かれるので、今回は入れてもらいました。結構大きな丼で出てくるので、ボリューム感があります。麺は、若干太めの中太で、うっすら縮れがあります。スープは、透明寄りの色で、あっさり系なので飲みやすいです。ニンニクで辛みとパンチが加わり、背脂でまろやかさとコクが出てきます。合わせ技で丁度良い美味しさです。具は、チャーシュー、モヤシ、ネギ、メンマ、生ノリです。特筆すべきはチャーシューで、分厚くて大きい豚肉が6枚も入ってます。肉質はしっかりしていて、噛むと脂身と一緒にほぐれます。美味しいチャーシューがたっぷりなので、文句無しです。大量のモヤシとネギ、ラーメンの具では珍しい生ノリは、スープの後口をさっぱりさせてくれます。このラーメンは、チャーシューを筆頭に具が満載で、スープとの絡みが素晴らしく、量も良かったので、満足です。特麺コツ一丁ラーメンは、チャーシュー好きにオススメです。豚肉をがっつり食べたい時に良いでしょう。
それぞれ特徴的だった背脂ラーメン(3店)の対決結果は、特麺コツ一丁ラーメン>ホープ軒=我武者羅とさせて頂きます。特麺コツ一丁は、チャーシューが神で、味と量の良さも文句無しです。ホープ軒は量、我武者羅は個性が良かったです。

2月 第1

味噌らぁめん(一福) 【お店】 一福
【食事】 味噌らぁめん (750円)、ミニカレー (250円)
【会計】 1000円 (お釣り0円と繰り越し含めた次回の予算→1131円)
2月前半の企画は、《味噌ラーメン対決(2店)》+αです。先手は、「一福」(いちふく)です。東京都渋谷区の初台で営業している、味噌ラーメンの人気店です。メニューには、なぜかカレーライスもあり、ラーメンのスープをベースにしたルーだそうです。
今回食べたのは、基本メニューの「味噌らぁめん」です。「ミニカレー」(通常のカレーライスは650円)も付けてもらいました。麺は、細めの中太です。スープは、カレーを連想させる茶色で、控えめで優しい味でした。うっすらコクもあります。卓上には、一味唐辛子、すりおろしニンニク、胡椒があるので、辛味を追加して味を調整できます。具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、クルトン、海苔です。チャーシューは、厚みがあって丸いのが2切れあり、身がぎゅっと詰まった肉質で美味しかったです。サクサクのクルトンもラーメンでは珍しいですが、スープに合ってました。カレーは、小さめの深皿で提供され、給食みたいな感じです。具はチキン、辛さは中辛になっていて、まろやかで素朴な味でした。ラーメンもカレーも、強いクセが無くて穏やかな味で、しょっちゅう食べても飽きが来ない、万人受けしそうな印象になっています。麺と米をセットで食べると結構なボリュームがあり、満腹になれたので、満足でした。
一福は、優しい味のラーメンを食べたい時にオススメです。カレーを付ければ、量でも満足できます。メニュー構成はシンプルで、味噌ラーメンとカレー以外には、酒粕入りの囲炉裏麺(1100円)というのもあります。

2月 第2

赤味噌らーめん(十味や) 【お店】 十味や
【食事】 赤味噌らーめん (700円)、チャーシュー (200円)、味玉 (100円)
【会計】 1000円 (お釣り0円と繰り越し含めた次回の予算→1131円)
2月前半の企画《味噌ラーメン対決(2店)》+αの後手は、「十味や」(とおみや)です。東京の新宿で営業している味噌ラーメン店で、創業から約40年の老舗です。メニューは、赤味噌(700円)、白味噌(750円)、合わせ味噌(800円)の3種類が基本になっています。大盛りは無料です。
注文したのは、「赤味噌らーめん」です。量は大盛りで、トッピングの「チャーシュー」と「味玉」も追加しました。麺は、中太の縮れ麺で、うっすらコシがあります。スープは、茶色の味噌で、こってり&濃い目の味でコクがあります。濃厚で美味しいです。ゴマと一味唐辛子も入っていて、うっすらピリ辛な後口になっています。具は、チャーシュー、味玉、モヤシ、メンマ、ネギ、海苔です。チャーシューは、薄めで横長の形のやつが5枚入りです。表面を炙ってあって香ばしさがあり、肉も脂身もとろけるような柔らかさになっていて、とても美味しかったです。モヤシは、直前に炒めて入れるので、とてもシャキシャキです。このラーメンは、具沢山で、がっつり来る味が良かったので、満足でした。十味やは、こってり系ラーメンが好きな人にオススメです。3種類の味噌の味の違いを楽しむのも良いでしょう。
一福VS十味やの、味噌ラーメン対決(2店)の結果は、引き分けとさせて頂きます。味に関しては、前者は優しい味、後者は強い味で、どちらも美味しかったです。チャーシューも違いがはっきりしていて、前者は引き締まった食感、後者は柔らかい食感でした。両方とも個性がしっかりあるので、好みで選んだらいいと思います。

2月 第3

クリーミーたんめん(やぐら亭) 【お店】 やぐら亭
【食事】 クリーミーたんめん (990円)
【会計】 990円 (お釣り10円と繰り越し含めた次回の予算→1141円)
2月前半の+αで紹介するのは、「やぐら亭」(やぐらてい)です。東京都渋谷区の初台で営業しているラーメン店です。宇宙一辛い味噌ラーメンと銘打った「ほたる」(1100円)という超激辛メニューが有名です。ただし、現在はコロナで販売休止になっているので、今回は、その他で珍しいと思ったメニューを食べてみました。ちなみに、メニューは通常で大盛り状態になっていて、マイナス110円すると少なめを選べます。
注文したのは、「クリーミーたんめん」です。大きくて黒い丼と真っ白いスープの組み合わせになっていて、ラーメンっぽくない珍しい見た目です。麺は、ストレートの細麺で、柔らかめの食感です。麺量はそこまで多くはありませんでした。スープは、白いホワイトソース味で、名前通りクリーミーです。薄塩のあっさり寄りで、優しい味になっています。スープ量はとても多いです。具は、豚バラ肉、キャベツ、タマネギ、ニンジンです。野菜は、たくさん入っていて、煮加減が程良く、食感も良いです。麺が早く食べ終わるので、残ったスープと具が、野菜たっぷりのサラサラシチューという感じになりました。このラーメンは、野菜をしっかり摂れてヘルシーで、スープも美味しいので、満足です。
やぐら亭は、醤油・塩・味噌など、スタンダードなメニューもありますが、クリーミーたんめんやほたるなど、個性的なメニューがオススメだと思います。ほたるは、本当に辛さがヤバいらしいです。

2月 第4

とり天定食(とりあん) 【お店】 とりあん
【食事】 とり天定食 (750円)、骨なしもも (110円)、骨なしむね (100円)
【会計】 960円 (お釣り40円と繰り越し含めた次回の予算→1171円)
2月後半の企画は、《鶏料理対決(2店)》です。先手は、「とりあん」です。大分県宇佐市にある大分唐揚げ専門店で、主に九州北部や関西にチェーン展開しています。東京では、幡ヶ谷と小平にあります。メニューは、唐揚げ定食がメインで、単品の唐揚げや手羽先の持ち帰りもあります。定食の価格帯は、700円〜800円台で、大盛りは+100円です。
今回注文したのは、「とり天定食」です。追加トッピングの、「骨なしもも」と「骨なしむね」の唐揚げも付けました。定食の構成は、メインの揚げ物、ご飯、味噌汁、サラダです。とり天は、大きすぎず小さすぎずの中型が3個です。大分唐揚げは特製のタレに漬け込んでいるそうで、味付きなのでそのままでも食べられます。衣は、薄くてサックリしていて軽いです。鶏肉は、柔らかさとジューシーさがあり、好印象でした。追加の唐揚げ(もも、むね)は、どちらも一口サイズです。衣は、薄めでサクサクしてます。とり天も唐揚げも、薄味のあっさりした感じで、食後にもたれる感じもなく、美味しく食べられました。もう少し味濃い目が好きな人は、付属の塩を振りかけるか、タレを付けて食べると良いです。味噌汁は、ワカメとネギが具です。サラダは、水菜、大根、ニンジンで、シャキシャキ感重視の爽やかな味でした。この定食は、少しボリューム感が惜しいですが、フライドチキンとは一味違うとり天や唐揚げを食べられたので、満足です。
とりあんは、あっさり寄りの唐揚げを食べたい時にオススメです。揚げ物のくどさを感じさせずに楽しめます。その他のメニューでは、とり南蛮定食(800円)、キーマカレー(850円)、照り焼き丼(850円)などもあります。

2月 第5

デカから定食(から揚げの天才)
天才のから揚げ丼(から揚げの天才)
【お店】 から揚げの天才
【食事】 デカから定食 (581円)、天才のから揚げ丼 (438円)
【会計】 1019円 (超過分19円を繰り越し額で相殺した次回の予算→1152円)
2月後半の企画《鶏料理対決(2店)》の後手は、「から揚げの天才」(からあげのてんさい)です。タレントのテリー伊藤がプロデュースする唐揚げ専門店で、関東と関西にチェーン展開しています。メニューは、イートインの唐揚げ定食や唐揚げ丼、テイクアウトの唐揚げ弁当などがあり、価格も400円〜500円台からなのでリーズナブルです。唐揚げは、モモ肉専門で、「デカから」という名前で1個108円です。3種類の味があり、白(塩麹)、黒(醤油)、赤(辛味噌)から選べます。ちなみに、テリー伊藤の実家が卵焼き屋なので、卵焼きもメニューにあります。
今回は、基本メニューの「デカから定食」と「天才のから揚げ丼」を食べてみました。定食の構成は、唐揚げ3個、ご飯、味噌汁、漬け物、キャベツです。唐揚げは、3つの味を選びました。衣がしっかり付いて、サクサクな食感があります。白はあっさり味、黒は醤油で少し濃い目、赤は辛味噌のタレと唐辛子のふりかけでしっかり辛めです。どれも大きくて肉厚で、柔らかさとボリューム感があって美味しかったです。脇に添えられたキャベツも量がたっぷりあり、和風ドレッシングがかけられ、マヨネーズも添えられています。味噌汁は、ワカメと油揚げが具です。漬け物は、紫色の柴漬けです。しっかりした内容の定食でした。唐揚げ丼は、飯増し無料なので、大盛りにしてもらいました。丼の内容は、ご飯の上に唐揚げ、温玉、キャベツがのっていて、タレ、マヨネーズ、海苔がかけられています。唐揚げは、デカからを半分に切ったものが4つです。甘いタレとマヨと温玉の黄身が絡み合って、ジャンクな感じが出て美味しいです。飯増しのおかげでボリューム感があり、コスパが良いように感じました。感想としては、定食も丼も、味・量・コスパのバランスが良かったので、満足です。から揚げの天才は、唐揚げをガッツリ食べたい時にオススメです。メニュー構成がシンプルで、サワーやビールでちょい飲みにも向いてます。
とりあんVSから揚げの天才の鶏料理対決の結果は、から揚げの天才の勝ちとさせていただきます。味に関しては、前者はあっさり寄り、後者はこってり寄りで、好みだと思います。量とコスパに関しては、から揚げの天才の方が優秀だったので、勝敗が決まりました。

3月 第1

デカ盛り油チャッチャそば(てつ) 【お店】 てつ
【食事】 デカ盛り油チャッチャそば (1000円)
【会計】 1000円 (お釣り0円と繰り越し含めた次回の予算→1152円)
3月前半の企画は、《油そば対決(3店)》です。1店目は、「てつ」です。東京の笹塚で営業している油そば店です。スカルシットというアパレルブランドの社長が立ち上げたお店だそうで、芸能人のサインがいっぱりありました。
注文したのは、「デカ盛り油チャッチャそば」です。通常の油そばが730円で、具が増加して背脂が追加されたバージョンです。大盛り無料なので、大盛りにしてもらいました。注文時にニンニク入れるかどうか聞かれるので、今回は入れました。黒い丼に麺と具がたっぷりなので、なかなか迫力がある見た目です。麺は、太めで固め、うっすら縮れがあります。具は、チャーシュー、味玉、モヤシ、メンマ、ネギです。チャーシューは、丸いカットの3枚入りで、柔らかく、表面に少し焼き目が付いてます。タレは、背脂も手伝って濃厚でこってり寄りの味ですが、シャキシャキのモヤシがたっぷり入っているので、くどさを感じさせず、食べやすかったです。魚粉入りなので、後味に魚介の風味があります。この油そばは、ボリュームたっぷりで、ジャンクの王道という感じで美味しく食べられたので、満足です。
てつは、がっつり&こってりな油そばを食べたい時にオススメです。そこまで量や脂を求めてない人は、背脂無しの通常油そばを食べればいいと思います。

3月 第2

ガッツリ鶏まぜそば(武一) 【お店】 武一
【食事】 ガッツリ鶏まぜそば (1000円)
【会計】 1000円 (お釣り0円と繰り越し含めた次回の予算→1152円)
3月前半の企画《油そば対決(3店)》の2店目は、「武一」(たけいち)です。東京の新橋で創業した濃厚鶏そばのお店で、秋葉原や渋谷、アジアまでチェーン展開しています。メニューは、鶏骨醤油や鶏白湯など鶏系ラーメンで、鶏まぜそばもあったので、今回行ってみました。
食べたのは、「ガッツリ鶏まぜそば」です。通常の鶏まぜそばが750円で、具が増加したバージョンになります。注文時に、麺量を小・並・中(=並より多い)から選べるので、増量してもらいました。麺は、平たい太麺で縮れがあり、コシがあって良かったです。具は、鶏の唐揚げ、鶏チャーシュー2種、味玉、キャベツ、モヤシ、キクラゲ、ネギ、揚げネギ、タマネギです。麺大量+具沢山なので、混ぜるのに手こずるぐらいでした。唐揚げは、サクサクした衣で、肉厚で良かったです。2種類の鶏チャーシューは、小さめでしたが、皮付きチャーシューと、白い丸チャーシューでした。キャベツやモヤシ、ネギなどで野菜たっぷりな感じも良かったです。タレは、味濃い目の濃厚こってりで、まろやかな味です。色んな歯応えの野菜と麺が絡んで、飽きずに食べられました。追加調味料として、魚粉、フルーツ酢、ラー油、すりゴマなども用意されているので、味を調整する事もできます。この油そばは、ガッツリの名にふさわしく、肉も野菜も麺も豊富で、味も美味しかったので、満足でした。
武一は、鶏系油そばを食べたい時にオススメです。味や具も良かったですが、麺の美味しさが効いている気がしました。その他の鶏系ラーメンもきっと美味しいでしょう。

3月 第3

特まぜそば(ねじ式) 【お店】 ねじ式
【食事】 特まぜそば (950円)
【会計】 950円 (お釣り50円と繰り越し含めた次回の予算→1202円)
3月前半の企画《油そば対決(3店)》の3店目は、「ねじ式」(ねじしき)です。東京都渋谷区の幡ヶ谷で営業しているお店で、ボリュームがあるラーメンを売りにしています。メニューは、醤油、味噌、鶏白湯などがあり、まぜそばも人気らしいので、今回行ってみました。
注文したのは、「特まぜそば」です。通常のまぜそばが750円で、+200円で具が増加した特製バージョンになります。注文時に、具の卵を生卵か味玉かで選べるので、味玉にしてもらいました。麺は、太くて固さがあり、ワシワシした感じでコシもあります。具は、チャーシュー、鶏そぼろ、味玉、モヤシ、青のりです。チャーシューは、中ぐらいの大きさの丸形が4枚で、ハムみたいな感じで噛み応えがある食感です。鶏そぼろは、麺とよく絡むので、効果的で良かったです。タレは、濃い茶色の濃い目の味、ニンニクと背脂入りで、まろやかさもあります。このまぜそばは、野郎が作ったようなワイルドさがあり、ガツガツ食べる感じで、ボリュームもあって美味しかったので、満足です。ねじ式は、ニンニクが効いたがっつり系ラーメンを食べたい時にオススメです。まぜそばは、+100円でチーマヨ(チーズ&マヨネーズ)のトッピングがあり、更にジャンク度を上げる事ができます。
油そば対決(3店)の対決結果は、武一>ねじ式≧てつとさせて頂きます。武一は、3店の中で一番ボリュームがあり、麺と具、全体をまとめる味など、総合力が高かったです。ねじ式は、個性の強さで印象に残ります。てつは、やや無難な感じもあり、もう少し特徴的なキャラを出せると良いと思います。3店とも、がっつり系で美味しく食べられたので、良かったです。

3月 第4

特偽郎ラーメン(ポークヌードル内藤) 【お店】 ポークヌードル内藤
【食事】 特偽郎ラーメン (950円)
【会計】 950円 (お釣り50円と繰り越し含めた次回の予算→1252円)
3月後半の企画は、《大盛りラーメン対決(2店)》です。先手は、「ポークヌードル内藤」(ぽーくぬーどるないとう)です。東京都渋谷区の初台で営業しているラーメン店ですが、昼と夜で店名とメニューが違うという、面白い営業形態です。昼は、「らーめん嗟哉」(らーめんあなや)という名前で、魚出汁ラーメンを提供しています。夜は、今回紹介する店名で、二郎系の大盛りラーメンを提供しています。メニュー名は、二郎(じろう)のパロディなのか、偽郎(ぎろう)ラーメン(750円)という名前です。本当かどうか知りませんが、店名も、夜だからNight→内藤だとか。
今回食べたのは、「特偽郎ラーメン」です。偽郎ラーメンのチャーシューが増加した上位版になります。このお店では、二郎系でよくあるニンニク・ヤサイ・アブラ・カラメみたいなコールは無いみたいで、普通に注文するだけです。麺は、太めのストレートで、コシがあります。スープは、醤油+豚骨の茶色で、背脂とニンニク入りです。味しっかり濃い目で、コクがあります。具は、チャーシュー、キャベツ、モヤシです。チャーシューは、薄めですが大きいカットのが3枚入っていて、肉質と味がしっかりしてます。脂身は柔らかいです。野菜は、ほとんどがモヤシで、キャベツはほんの少々です。さっと茹でただけなので、シャキシャキ感が良く、量も多くて、麺量と同じぐらいに感じます。このラーメンは、二郎系のお手本のような作りで、お腹いっぱいがっつり食べられたので、満足です。
ポークヌードル内藤は、コールが無いので、二郎系初心者にオススメだと思います。がっつり感はちゃんとありますが、全体がすっきりまとまっていて、食べやすさを感じました。

3月 第5

小ぶた(豚山) 【お店】 豚山
【食事】 小ぶた (980円)
【会計】 980円 (お釣り20円と繰り越し含めた次回の予算→1272円)
3月後半の企画《大盛りラーメン対決(2店)》の後手は、「豚山」(ぶたやま)です。東京や神奈川にチェーン展開している二郎系ラーメン店です。量が多い小ラーメン(780円)、もっと量が多い大ラーメン(880円)、提供時にコール(ニンニク、ヤサイ、アブラ、カラメ)ができるなど、二郎系の定石どおりになっています。店内に、注文方法や量が明示してあるので、分かりやすいです。公式Twitterでは、店舗毎の無料追加トッピングを発表しているので、コールの時に言えば、追加してもらえます。
注文したのは、「小ぶた」です。小ラーメンのチャーシュー増量版です。コールは、ニンニク・ヤサイにしてもらいました。丼に大盛り野菜とでかいチャーシューで、迫力があります。麺は、太めで固めになっていて、ワシワシした感じです。スープは、茶色で、醤油+豚骨の濃い目でこってり味です。ニンニクの辛味が効いて、背脂のまろやかさもあります。具は、チャーシュー、モヤシ、キャベツです。チャーシューは、大きくて分厚い豚肉が5枚入りです。かなりしっかりした肉質ですが、噛むとほぐれて、脂身はとろけます。美味しいチャーシューでした。野菜は、生の状態で盛られているので、スープにくぐらせるといいです。他店ではほとんどモヤシな事が多いですが、このお店はキャベツの量が3分の1ぐらいあるのが良かったです。野菜のシャキシャキ感のおかげで、濃厚スープからしつこさが消えます。このラーメンは、大食いでも満足できるぐらい肉も野菜も量がたっぷりだったので、満足です。豚山は、大盛りラーメンをがっつり食べてエネルギー補給したい時にオススメです。
ポークヌードル内藤VS豚山の対決結果は、豚山の勝ちとさせて頂きます。味は、どちらも二郎の基本をしっかりやっていて、美味しかったです。量に関しては、肉も野菜も豚山の方が上回ってました。なので、量の点で、勝負が決まりました。ただ、そこまで大食いじゃないという人には、注文も簡単な内藤もいいでしょう。

4月 第1

小倉&クリームチーズ(一口茶屋)
ベーコンエッグチーズ(一口茶屋)
【お店】 一口茶屋
【食事】 鯛焼き6種 (196円、176円×2、157円×3)、
【会計】 1019円 (超過分19円を繰り越し額で相殺した次回の予算→1253円)
4月前半の企画は、《鯛焼き対決(2店)》です。先手は、「一口茶屋」(ひとくちちゃや)です。主に北海道と関東にチェーン展開しています。メニューは、オードソックスな鯛焼きの他、冷たい生鯛焼きや、たこ焼き、お好み焼きなどもあります。価格は、157円からで安めです。
今回は、6種類の鯛焼きをチョイスしました。甘い系の「小倉&クリームチーズ」(196円)と「カスタードクリーム」(157円)、甘くない系の「ベーコンエッグチーズ」(176円)と「お好み鯛焼き」(176円)、生鯛焼きの「小倉&ホイップ」(157円)と「カスタード&ホイップ」(157円)です。鯛焼きの大きさは、頭から尻尾まで約15cmありますが、厚さは薄いので、SとMの中間ぐらいの印象です。鯛焼きは、薄めの皮で、焼き餃子の羽根みたいに、皮に羽根があるのが特徴です。パリパリ、サクサクしていて、食感と味に効果的に働いてました。小倉&クリームチーズは、あんこの小豆の粒にぎっしり感があり、チーズの塩気とあんこの甘さの組み合わせも良かったです。カスタードは、甘さが丁度良いです。ベーコンエッグチーズは、名前通りの具で、目玉焼きが入ってるのが面白いです。お好み鯛焼きは、細かく切ったキャベツなど色々な具が入っていて、お好み焼きやたこ焼きのタネを入れた感じです。生鯛焼きは、薄くて固い皮で具を挟んでいて、形だけ言えば、和菓子の最中に近いです。挟んでいるだけなので、食べてる時に具が飛び出しやすく、皮も固めで噛み切りづらいので、食べ辛さを感じました。味に関しても、通常の鯛焼きより良くなるとまでは言えません。トータルの感想としては、皮の羽根の食感や、甘くない具の鯛焼き、冷たい鯛焼きなど、工夫が良かったですが、サイズがそれなりで味やコスパは普通だったので、満足度は普通です。
一口茶屋は、通常の甘い鯛焼きも良いですが、塩気のある特殊鯛焼きもオススメです。鯛焼きはもっと色んな具がありえるんじゃないかと可能性を感じました。

4月 第2

鯛焼き(鳴門鯛焼本舗) 【お店】 鳴門鯛焼本舗
【食事】 鯛焼き3種 (260円、240円、220円)、抹茶もなか(あずき入り) (230円)
【会計】 950円 (お釣り50円と繰り越し含めた次回の予算→1303円)
4月前半の企画《鯛焼き対決(2店)》の後手は、「鳴門鯛焼本舗」(なるとたいやきほんぽ)です。主に大阪と東京にチェーン展開している鯛焼き店です。天然鯛焼きと銘打っていて、一個ずつ焼く一丁焼きが特徴になっています。メニュー数はかなり絞られていて、鯛焼き3種と、サイドメニューが少々です。
注文したのは、このお店の全3種の「十勝産あずき」(220円)、「鳴門金時いも」(240円)、「プレミアムカスタード」(260円)と、サイドメニューの「抹茶もなか(あずき入り)」(230円)です。鯛焼きは頭から尻尾まで約13cmぐらいで、薄すぎず厚すぎずな感じです。サイズで言うと、Mでしょう。皮は、極薄で、表面がサックリ香ばしく、内側は柔らかでした。十勝産あずきは、ベーシックなあんこで、香りが良かったです。粒感は控えめで、こしあんに近い感じでした。金時いもとカスタードは、中身がたっぷり入っているので、食べ応えがあります。見た目よりボリュームを感じます。サイドメニューのもなかは、アイス・メニューで、バニラ(170円)と抹茶(200円)があり、+30円するとあずき入りになります。今回食べたのは、あずき入りの抹茶味です。もなかで丸いアイスを挟んだ形なので、スプーン無しでも、ハンバーガーみたいに食べられます。緑色の抹茶アイスは、シャリシャリ感があり、甘さしっかりです。それにあんこが加わると、より甘くなります。もなかは、真っ黒なのが特徴的で、硬めのパリパリです。見た目が炭みたいだなと思ってたら、実際に竹炭が入っているそうです。ちなみに、バニラのもなかは、普通のもなかです。トータルの感想としては、クオリティの良さを感じるものの、価格がまだ若干高いかなという印象で、アイスで例えるとハーゲンダッツという感じでした。満足度は普通です。鳴門鯛焼本舗は、具がたっぷりの薄皮鯛焼きを食べたい時にオススメです。抹茶アイスの真っ黒もなかも地味に珍しいので、試してみるといいでしょう。
一口茶屋VS鳴門鯛焼本舗の鯛焼き対決(2店)の対決結果は、引き分けとさせて頂きます。大きさ・量・価格から来るコスパ感は、どちらも同点という感じです。皮が、両店ともに特徴があって良かったです。メニュー数は、前者がバラエティ重視、後者が数を絞って王道重視という感じなので、好みで選んだらいいと思います。

4月 第3

チャーシューメン(武蔵家) 【お店】 武蔵家
【食事】 チャーシューメン (中盛950円)
【会計】 950円 (お釣り50円と繰り越し含めた次回の予算→1353円)
4月後半の企画は、《家系ラーメン対決(3店)》です。1店目は、「武蔵家」(むさしや)です。東京の吉祥寺で創業し、都内を中心にチェーン展開している家系ラーメンのお店です。基本のラーメンが650円で、+100円すると中盛り、+200円すると大盛りになります。注文時に、麺の固さ、味の濃さ、油の量を調整できます。ライスと漬け物は、無料サービスで食べ放題です。
注文したのは、「チャーシューメン」です。並盛りが750円で、今回は中盛りを食べてみました。調整は、全て普通にしてもらいました。麺は、中太のストレートで、少し柔らかめです。麺量は、一般的な大盛りレベルぐらいあって、しっかり量がありました。スープは、油たっぷりのこってりで、まろやかな感じです。味は濃すぎないので、飲みやすいと思います。卓上には、ゴマ、ニンニク、酢などがあるので、味を調整する事もできます。具は、チャーシュー、ホウレン草、海苔です。3種のみで、簡素な構成です。チャーシューは、うっすら厚みがある大きめのカットで、5枚入りです。肉質は、少し固めで、しっかり噛んで食べる感じでした。海苔やホウレン草は、スープに浸けて、ライスと一緒に食べるのもいいです。卓上にある漬け物は、緑色のキュウリで、ライスのお供になります。このラーメンは、かなりこってりしていて、大衆的な屋台を連想させる味でした。たっぷりの麺と無料のライスで満腹まで食べられる所が長所ですが、シンプルな内容と比較して価格が若干高い印象があったので、満足度は普通です。
武蔵家は、ガッツリ食べて、カロリーを補給したい人にオススメです。炭水化物、脂質、タンパク質をしっかり摂取できます。力仕事をしている人にも良いでしょう。

4月 第4

チャーシューメン(せい家) 【お店】 せい家
【食事】 チャーシューメン (中盛900円)、味付け玉子 (80円)
【会計】 980円 (お釣り20円と繰り越し含めた次回の予算→1373円)
4月後半の企画《家系ラーメン対決(3店)》の2店目は、「せい家」(せいや)です。東京の世田谷で創業し、都内を中心にチェーン展開している家系ラーメンのお店です。基本のラーメンが550円で、+110円すると中盛り、+170円すると大盛りになります。基本は太麺ですが、細麺にする事も可能です。注文時に、麺の固さ、味の濃さ、油の量を調整できます。
注文したのは、「チャーシューメン」です。並盛りが790円で、今回は+110円の中盛りです。「味付け玉子」も付けました。麺は、太麺で、少しモチモチした食感があり、コシもありました。スープは、濃い茶色で、油たっぷりのこってり系です。スープを作る時に鶏ガラも入れているそうで、通常の家系のスープに鶏の味が加わって、個性が出てました。卓上には、生姜、ニンニク、豆板醤などもあるので、味を調整できます。具は、チャーシュー、味玉、ホウレン草、ネギ、海苔です。チャーシューは、大きくて丸いのが4枚入りで、それなりに厚みもあるので、ボリューム感があります。しっかりした肉質ですが、噛むとほぐれてきて、味もよく染みています。中盛りで、麺もスープもたっぷり量がありましたが、このお店では替え玉(細麺のみ、110円)もあるので、同じ値段なら中盛りよりも替え玉の方がいいかもしれません。このラーメンは、量も味も良かったので、満足です。
せい家は、こってりした家系ラーメンを食べたい時にオススメです。鶏ガラ入りで、家系でも一味違うスープになっています。

4月 第5

チャーシューメン(町田商店) 【お店】 町田商店
【食事】 チャーシューメン (990円)
【会計】 990円 (お釣り10円と繰り越し含めた次回の予算→1393円)
4月後半の企画《家系ラーメン対決(3店)》の3店目は、「町田商店」(まちだしょうてん)です。東京の町田で創業した家系ラーメン店で、関東・東海・関西などにチェーン展開し、アメリカにも進出しています。「荻窪商店」や「代々木商店」など、出店場所の店名になっている店舗もあります。注文時に、麺の固さ、味の濃さ、油の量を調整できます。ランチタイムは、小ライスが無料で食べ放題です。完まく(スープまで飲みきって完食)というアプリがあり、完まくするとスタンプがもらえて、10枚たまると、ラーメン1杯無料や1年間トッピング無料のサービスを受けられるそうです。
注文したのは、「チャーシューメン」です。通常のラーメンが740円で、+250円するとチャーシューが増量になります。小ライスも付けてもらいました。麺は、中太で少し平たく、長さは短めで、食感は硬めです。スープは、淡い色合いで、油が効いてこってり系ですが、味はまろやかで飲みやすいです。卓上には調味料が充実していて、ラー油、胡椒、一味唐辛子、酢、ニンニク、生姜、豆板醤などがあり、味を調整できます。刻みタマネギもあるので、シャキシャキした食感で爽やかな後口も追加できます。具は、チャーシュー、うずらの卵、ホウレン草、海苔です。チャーシューは、丸い中サイズが5枚です。薄切りですが、柔らかくてとろける食感があります。ライスに絡めて食べるのも美味しいです。卓上にはライスのお供になる緑色のキュウリの漬け物もあります。スープにライスを投入してラー油を垂らすと、辛味が効いた雑炊になります。トータルの感想としては、ライスを活用してお腹いっぱい食べられて、サービスの良さもとても好印象だったので、満足です。町田商店は、誰でも食べやすい家系ラーメンだと思います。店内に非常に活気があり、店員さんの接客も丁寧で、その点も多いにプラスです。
3つの家系ラーメン・チェーンの対決結果は、町田商店>せい家>武蔵家とさせて頂きます。町田商店は、サービスの良さが光ってました。せい家は、無料ライスが無いのが惜しいですが、コスパが良かったです。武蔵家は、大衆的で、カロリーをしっかり補給できます。同じ家系でも、それぞれの店に味の個性がしっかりありました。

5月 第1

自家製タルタルと黒酢のチキン南蛮ごはん(すみれ) 【お店】 すみれ
【食事】 自家製タルタルと黒酢のチキン南蛮ごはん (950円)
【会計】 950円 (お釣り50円と繰り越し含めた次回の予算→1443円)
5月前半の企画は、《明太子ランチ対決(2店)》です。先手は、「すみれ」です。東京を中心に日本各地にチェーン展開している焼鳥居酒屋です。鶏肉は、鳥取県の大山どりを使用しているそうです。ランチタイムには、鶏系定食があり、明太子食べ放題サービスが売りになっています。
注文したのは、「自家製タルタルと黒酢のチキン南蛮ごはん」です。定食の内容は、メインの鶏料理+サラダ、ご飯、明太子、副菜、スープになっています。ご飯は、大盛り・特盛りが無料です。チキン南蛮は、中ぐらいのサイズで4つです。衣はカリカリで、平たいカットでやや厚みがあります。肉質がしっかりして淡白な味も良かったですが、なんとなく、大きめのチキンナゲットという印象もありました。タルタルソースは、マヨネーズ感が強く、黒酢ソースと合わさると、お好み焼きを連想させる味になりました。脇にあるサラダは、ドレッシング付きのキャベツの千切りです。明太子は、小さいツボ入りで、食べ終わったらお代わりできます。辛さはしっかりめで、1ツボで結構量があります。今回は3ツボで満腹に到達しました。副菜は、2種類のナムル(モヤシ、ホウレン草)で、小皿に少量です。スープは、ネギが具の、シンプルな透明コンソメです。この定食は、明太子食べ放題なのは良いですが、メニュー内容が少しインパクト不足だったので、印象としては普通です。
すみれは、ご飯大盛りや特盛りで食べると、明太子を活かせると思います。ご飯が少ないと、明太子を持て余すかもしれません。その他のランチメニューでは、唐揚げや焼鳥などの定食もあります。

5月 第2

がめ煮定食(やまや) 【お店】 やまや
【食事】 がめ煮定食 (1300円)
【会計】 1300円 (超過分300円を繰り越し額で相殺した次回の予算→1143円)
5月前半の企画《明太子ランチ対決(2店)》の後手は、「やまや」です。福岡県の有名な明太子メーカーであるやまやは、博多もつ鍋をメインにした居酒屋も経営していて、東京・大阪・福岡などにチェーン展開しています。ランチタイムには、定食メニューがあり、ご飯・明太子・辛子高菜の食べ放題サービスが売りになっています。
注文したのは、「がめ煮定食」です。がめ煮とは、福岡の筑前煮のことです。ご飯、味噌汁、副菜、明太子、辛子高菜が付いています。がめ煮は、鶏肉、ゴボウ、ニンジン、シイタケ、タケノコ、ダイコン、キヌサヤ、コンニャクで、具沢山です。薄味の素朴で優しい味になっていて、野菜&食物繊維たっぷりという感じでした。味噌汁は、具がワカメ、ネギ、油揚げです。副菜は、タケノコの煮物で、さっぱり味で歯触りが良かったです。明太子と高菜は、それぞれ小皿に入っていて、食べきるとお代わりできます。明太子は、ピンク色で、マイルドな辛さです。高菜は、ゴマ入りでシャキシャキしていて、辛さしっかりでした。ご飯もお代わり自由なので、明太子と高菜をいくらでも食べられます。この定食は、全体的に一定以上のクオリティがあって、野菜をしっかり摂れて、満腹まで食べられたので、満足です。やまやは、ランチでご飯と明太子をたくさん食べたい時にオススメです。そんなに明太子を食べない場合は、割高になってコスパが下がると思います。その他には、同価格の唐揚げ定食や焼き魚定食、もつ鍋定食(2000円)もあります。
明太子食べ放題ランチの対決結果は、やまや≧すみれとなりました。やまやの方が、明太子や定食内容の質の良さを感じましたが、その分価格も高いので、この点は差し引きで引き分けな感じです。ご飯食べ放題の有無で明太子を美味しく食べられる量に差があったので、やまやの勝ちとなりました。

5月 第3

MEGAカレー(11イマサ) 【お店】 11イマサ
【食事】 MEGAカレー (840円)
【会計】 840円 (お釣り160円と繰り越し含めた次回の予算→1303円)
5月後半の企画は、《カレー対決(3店)》です。1店目は、「11イマサ」(イレブンイマサ)です。東京の新宿駅の中で営業しているカレー店で、創業から今年で57年になります。店名は、一期一会の今・佐(今を助ける)という意味だそうです。色々なメニューがありますが、基本のチキンとポークは440円、ビーフが490円で、良心的な価格です。
今回食べたのは、「MEGAカレー」です。このお店の最高値クラスで、色んなトッピングが盛られて派手な見た目になります。カレーの皿は、淡い色でカラフルです。ライスは、多すぎず少なすぎずで普通の量でした。ルーは、チキンカレーのルーで、わずかにタマネギが入っているだけでほぼ具無しです。表面に薄くかけてあるだけなので、量は少ないです。辛さは控えめで、甘口の穏やかな味です。卓上には、辛味オイルとうまみソースがあるので、味を加える事もできます。具は、ハンバーグ、チキンカツ、コロッケ、ウィンナー、ポテトサラダ、バターコーンです。ハンバーグは、厚みと大きさがしっかりあって、デミグラスソースがかかっています。この1枚で既にボリューム感があります。チキンカツは、薄切りのモモ肉に厚めの衣です。サクサクして、しっかり大きいのが良いです。コロッケは、軽い衣で、ニンジンやタマゴも入っていて、食べ応えがあります。ウィンナーは小さめのが3本、ポテトサラダはニンジン入りでした。卓上には、通常の甘めの福神漬けと、塩気が効いたキュウリの福神漬けがあり、食べ放題です。このカレーは、どのトッピングも大きさや量が充実していて、コスパがとても素晴らしかったので、満足です。
11イマサは、安くてプレーンなカレーを食べたい時にオススメです。トッピングが大きいので、追加してボリューム感を加えるのも良いです。

5月 第4

チキンカレー(クロックカレー) 【お店】 クロックカレー
【食事】 チキンカレー (大盛660円)、かつ&からあげ (300円)
【会計】 960円 (お釣り40円と繰り越し含めた次回の予算→1343円)
5月後半の企画《カレー対決(3店)》の2店目は、「クロックカレー」(Clock Curry)です。東京の新大塚で営業しているチキンカレーのお店です。もともと500円の1コイン価格でやっていましたが、今は税込み550円が基本価格です。+110円すると大盛り、+230円すると特盛りにできます。チーズ、野菜、トンカツなどのトッピングの価格は、100〜300円台です。営業時間は、昼から夕方までのランチ営業のみで、ルーが無くなると終了なので注意です。
今回食べたのは、「チキンカレー」の大盛りです。トッピングの「かつ&からあげ」(トンカツ1枚、唐揚げ2個)ものせました。大盛りですが、ライスもルーも量がしっかりあり、普通のカレー店の特盛りぐらいあります。それにトンカツと唐揚げが加わると、ちょっとした大食いチャレンジになりました。ボリューム感が素晴らしく、ネタが古いですが、黄レンジャー大歓喜という感じです。このお店は、並盛りの時点で量が多いようです。ルーは、家庭的な味で、中辛で辛さがじんわり来るタイプで、鶏肉以外は具無しです。鶏肉は、煮込まれて噛むとほぐれる感じがあり、大きさや量がちゃんとあって、具としての存在感がありました。トンカツは、薄めで平たく、大きさがあり、衣はカリカリです。ルーと調和してました。唐揚げは、衣がサクサクで、一口では食べきれない位の大きさがあります。チキンカレーと唐揚げのダブルだと、鶏肉かぶってる感があったので、値段が同じ300円の「かつ(2枚)」の方がよかったかもとも思いました。卓上には、赤い福神漬け、ソース、辛味ソースが常備してあります。感想としては、ライス、ルー、トッピングともに満腹保証の量があり、食べやすい味で美味しかったので、満足です。
クロックカレーは、カレーをがっつり食べたい人や黄レンジャーにオススメです。そんなに量を食べられない人は、量が減って代わりにサラダが入ったプレートランチ(550円)もあります。

5月 第5

(クラウンエース) 【お店】 クラウンエース
【食事】 カツバーグカレー (700円)、フランクフルト (100円)、アサリ (100円)
【会計】 900円 (お釣り100円と繰り越し含めた次回の予算→1443円)
5月後半の企画《カレー対決(3店)》の3店目は、「クラウンエース」です。東京の上野と茗荷谷で営業している老舗カレー店です。カレーの価格帯は安めで、チキン(420円)、ポーク(440円)、ビーフ(470円)となっていて、看板メニューのカツカレーは600円になっています。+100円で大盛り可能です。
今回食べたのは、「カツバーグカレー」です。カツカレーにハンバーグが追加されたバージョンです。トッピングとして、「フランクフルト」と「アサリ」も付けました。ライスは、量がしっかりあり、腹ペコには嬉しいです。ルーは、ほぐれた鶏肉が入ったチキンカレーで、量は普通です。中辛でマイルドなので、食べやすい味です。具は、トンカツ、ハンバーグ、フランクフルト、アサリで、盛り沢山な見た目になりました。トンカツは、大きくて厚みがあり、薄めの衣はサクサクです。柔らかさもあり、満足度の高いカツでした。ハンバーグは、小さめの俵型で、手作り感が出てます。ソース等の味付けは無いので、ルーに絡ませて食べます。フランクフルトは、切れ目付きのぶっといソーセージが2本です。肉厚で味がしっかり付いていて、皮も香ばしくてパリッとしています。ハンバーグよりもボリューム感がありました。アサリは、カレーのトッピングとしては珍しい、文字通りの茹でたアサリです。クニュッとした食感がアクセントになってました。卓上には、福神漬けとらっきょがあります。トータルの感想としては、味良し、量良し、具良しで、全体的にバランスが良かったので、満足です。クラウンエースは、安くて量も良いリーズナブルなカレーを食べたい時にオススメです。トッピング付きや大盛りにすれば、更に量の満足度が上がります。
3店のカレー対決の結果は、クラウンエース≧11イマサ=クロックカレーとさせて頂きます。クラウンエースは、量、トッピング、コスパのバランスが優秀だったので、僅差で1位です。11イマサとクロックカレーは、引き分けで2位です。11イマサは、安くてトッピングも凄かったですが、肝心のカレーが少ないのが惜しかったです。クロックは、カレーの量が断トツで良かったですが、その分価格にも反映されていると感じたので、コスパ感は普通です。味に関しては、3店ともそれぞれ辛さや味に違いがあり、美味しく食べられました。

6月 第1

〆いわし(かっぱ寿司)
牛カルビにぎり(かっぱ寿司)
【お店】 かっぱ寿司
【食事】 寿司10皿 (110円×10)
【会計】 1100円 (超過分100円を繰り越し額で相殺した次回の予算→1343円)
6月前半の企画は、《回転寿司対決(3店)》です。1店目は、「かっぱ寿司」(かっぱずし)です。有名な回転寿司店で、全国にチェーン展開しています。以前は、店名通りカッパのマークがロゴでしたが、現在では皿を重ねたデザインに変わっています。価格は、1皿110円からで安いです。タッチパネルで注文すると、お馴染みのレーンで寿司が流れてきます。寿司は、全てサビ抜きです。
注文したのは、「まぐろ」、「とろサーモン」、「煮穴子」、「熟成かれい」、「〆いわし」、「豪快いか天」、「テリヤキマヨハンバーグ」、「牛カルビにぎり」、「生姜焼き風四元豚にぎり」、「チーズマヨ炙りよだれ鶏」の10皿(全て2貫入り110円)です。卓上には、ワサビ、醤油、ガリが常備されています。シャリは、小さめで、若干柔らかめの握りです。まぐろ、とろサーモン、煮穴子は、ネタが小さめで普通な感じでした。かれいにはシソの葉、いわしにはネギと生姜が付いていて、味のアクセントになってます。特にいわしはネタが大きくて良かったです。いか天は、大きさはありますが、細長いので、ややインパクトに欠けます。衣はサクサクで良かったです。ハンバーグは、ソース+マヨの照り焼き風で、大きさはそれほどでもないですが、厚みが感じられます。牛焼肉と豚焼肉のにぎりは、タレでしっかり味が付いています。豚肉より牛肉の方が大きかったのが、意外でした。鶏焼肉のにぎりは、淡白な鶏肉にチーズ+マヨで、炙ってあるので香ばしさもあります。10皿食べての全体的な印象としては、魚系の寿司はさっぱり味、肉系の寿司はこってり味という感じで、味の区分けが分かりやすいです。安いのは良いですが、サイズも価格相応に小さめだったので、満足度は普通です。
かっぱ寿司は、安くて無難な回転寿司を食べたい時にオススメです。個人的には、少し個性不足を感じました。コスパが良いとか、ネタが大きいとか、サービスが良いとか、何かもう一押し個性を出せると良いと思います。肉系の寿司が印象良かったので、いっそ肉寿司専門にしたらどうでしょう。
このページの情報は、掲載当時のものです。現在では変更になっている(地域・店舗によって異なる)可能性もあるのでご注意ください。価格は、全て税込み表示です。
1000円以下で美味しいグルメ! > 2021年のグルメ!