trfの第2期

「survival dAnce」から「Overnight Sensation」まで、シングル5枚連続ミリオンセラーを達成したtrfの絶頂期。どれも代表曲であり、ライブでもこれらが中心になります。この5曲を聞かずしてtrfを語るなかれです。

シングル

survival dAnce

survival dAnce

(サバイバル・ダンス)

1994年5月発売。trfの初めてミリオンヒットになったシングル。Aメロ、Bメロ、サビが巧妙に組み合わせれて、ドラマチックな展開になっています。しっかりしたダンス・ミュージックでありながら、一般受けもする聴きやすさがあり、trfの黄金期の幕開けにふさわしい傑作です。PVは、ホームビデオで撮った映像をつないだもので、メンバー達の和気あいあいとした雰囲気が、見ていて楽しいです。
BOY MEETS GIRL

BOY MEETS GIRL

(ボーイ・ミーツ・ガール)

1994年6月発売。コカ・コーラのCM曲に起用されました。つかみのサビで一気に引き込み、ラストのサビで更に転調して盛り上げます。壮大さと爽やかさを同時に感じさせる傑作です。PVは、サボテンがある南米っぽい場所で、それぞれ個性的な衣装で踊るメンバー達がかっこいいです。
CRAZY GONNA CRAZY

CRAZY GONNA CRAZY

(クレイジー・ゴナ・クレイジー)

1995年1月発売。シングル三ヶ月連続発売という大企画の第一弾です。大ヒットして、trfのシングルで一番の売り上げを記録しました。非常に軽快なテンポの曲で、YU-KIとSAMのAメロ、YU-KIとCIHARUとETSUのBメロ、そして盛り上がるサビへと展開するという構成になっています。KOOのラップも歴代シングルで最高と言っていいくらいハマってます。trfの最高傑作の1つです。PVは、ライブ的な内容ですが、カラフルな衣装の映像と黒い衣装の映像が組み合わされた、巧みな編集になっています。
masquerade

masquerade

(マスカレード)

1995年2月発売。シングル三ヶ月連続発売の第二弾です。明るいポップなtrfのイメージからうって変わって、ロック調のハードでダークな曲になっています。「オペラ座の怪人」からインスパイアされた大人な内容の歌詞で、サビ前に短い言葉を4回叩き込む所が痺れます。竜神というユニークなワードが出てきますが、曲中でうねりまくるギターや移り変わる転調が、竜を想起させたのでしょう。この曲も、trfの最高傑作の1つです。PVは、廃工場で撮影され、炎があちこちで燃えていて、ダンスも映像もひたすらかっこいいです。ちなみに、「dAance to positive」に収録されたアルバム版もあり、ライブでは専らこちらが演奏されます。個人的には、シングル版の方がオススメです。
Overnight Sensation

Overnight Sensation

(オーバーナイト・センセーション)

1995年3月発売。シングル三ヶ月連続発売の第三弾です。前作のハードな感じからまた変わって、外人のコーラスに彩られたディスコ風の曲調になっています。YU-KIとSAMが一緒に歌いつつも、YU-KIが引く箇所もあり、工夫が効いています。積極的な行動を促す前向きな歌詞で、盛り上がる感じです。三ヶ月という短い期間ながら、三作それぞれに個性があり、ダンスもそれぞれ違っていて、trfの凄さを感じさせる企画でした。第二期の締めにふさわしい傑作であり、この年のレコード大賞を受賞しています。PVは、ざらついた映像で、雄大な荒野の中で踊るメンバー達が印象的でかっこいいです。

アルバム

BILLIONAIRE

BILLIONAIRE

(ビリオネア)

1994年7月発売。「survival dAnce」、「BOY MEETS GIRL」が含まれたアルバム。ダンサブルでありながら、ゆったり感もあるアルバムです。オススメは、「WORLD GROOVE」に近い感じの表題曲「BILLIONAIRE」です。
dAance to positive

dAance to positive

(ダンス・トゥ・ポジティブ)

1995年3月発売。「CRAZY GONNA CRAZY」、「masquerade」、「Overnight Sensation」が含まれたアルバム。シングルとして出してもおかしくない「SEE THE SKY」と「Destiny to love」、かっこいい「Let it go!」、KOOとSAMが歌う珍しい曲「FUNKY M」、ETSUも歌うコミカルな「dAnce is my life系」、美しいバラード「ENGAGED」、エンディングにふさわしいピアノ曲「overnight piano dream」など、良曲ばかりです。trfのオリジナル・アルバムの中で最高傑作と呼んで差し支えないでしょう。第2期のアルバムの中で、一番のマストバイと言えるオススメの名盤です。ちなみに、「HYPER MIX 4」というリミックス・アルバムは、この辺の曲をアレンジしたものです。
トップページ